ただし10月8日に日本記者クラブで行われた党首討論会で、小池氏は「『お友達政治』をただしていく意味で選択肢を提供している。『安倍1強政治』を変えていくことが私どもの大きな旗印だ」と述べ、安倍首相との対立軸を明確に示している。

大連立を組むとすれば、小池氏がこの主張をどう言い換えて国民に納得してもらうかも見どころになる。

「補欠選挙」で初の女性首相を狙う?

それにしても国会議員にならない限り、小池氏は悲願の女性首相にはなれない。そこで浮上しているのが、衆院の補欠選挙を狙う方法だという。

希望の党から今回の衆院選に立候補させて当選した議員と選挙前から話を付けておき、選挙後に議員辞職してもらい、その枠に小池氏が立候補して当選する。

しかしそこまで姑息な手を使うだろうか。この作戦がばれたら彼女の政治生命はなくなる。

おそらく小池氏は、政治状況や有権者の志向、世論の変化、希望の党に対するマスコミの報道ぶりなどを総合的に判断した結果、不出馬を決めたのだろう。都知事である小池氏が国政に出馬した場合、都民から「都政を投げ出し、無責任だ」との非難の声が上がるのを恐れたという見方もある。真相はわからないが、小池氏の「国盗り」の野望は消えてはいない。