シリーズ連載でお届けしている「美女医」たちのキレイの習慣。どうすれば美しく年齢を重ねられるのか、美女医たちが専門的視点から教えます。
こしだようこ
●こしだ内科クリニック院長
体の不調にていねいに向き合い、生活習慣病の治療や指導も含め不安を解消してくれる。

働く女性は特に、だるさや疲れで内科を受診される人が多いですね。女性に多い低血圧が、だるさ・立ちくらみの遠因になっていることもあります。疲れやすい人は、健康診断で貧血を指摘されていることも少なくありません。一般的に鉄欠乏性貧血が多いのですが、子宮筋腫による月経過多や甲状腺機能低下が隠れていることもあるので、たかが「疲れ」と侮ってはいけません。また、女性は男性よりも自律神経が脆弱といわれており、女性ホルモンの変化に起因する便秘やむくみ、抑うつ感、睡眠障害も多く見られます。

女性ホルモンは“しなやかさと元気のホルモン”と呼ばれるほど、女性の健康を支えています。更年期以降に増加する骨粗鬆症やLDL(悪玉)コレステロール上昇に伴う動脈硬化なども、女性ホルモンが低下、欠乏することでリスクが高まります。大豆イソフラボン由来のエクオールという成分には、骨や血管のしなやかさを助ける作用もあるので、予防策としてエクオールのサプリメントを摂取しておくのもいいでしょう。

30~40代で、病気などに起因せず「体力が落ちた」「疲れが取れない」と感じるなら、女性ホルモンの揺らぎが原因かもしれません。私自身、体の回復力が落ちたと感じたり、肌の色ツヤがさえなかったりする日もありましたが、エクオールのサプリメントを毎日摂るようになってからは、調子の悪さを感じることは少なくなりました。ただ、年々体力が低下するのは当たり前。無理をせず、忙しいときこそ十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけることを大切にしています。

無理なダイエットなどによる栄養不足は女性ホルモンの欠乏を招き、将来的に骨粗鬆症のリスクを高めます。また、肌のシワやたるみ、髪にコシやツヤがなくなるなど、見た目の変化にも、女性ホルモンの減少が深く関わっています。体調不良を整えるため食事・運動などの生活習慣を見直し、いつまでも美しく前向きに過ごすためにも、早めのエクオールサプリメントの摂取を考えてみるのもいいでしょう。

「朝食は必ず摂ります。ふだんは低糖質食を心がけていますが、時折コーヒーと一緒に甘いものを楽しんだりすることも」
昼食には野菜をたっぷりと。栄養バランスを考え、卵とソーセージでタンパク質をプラス。ニンジンジュースとお気に入りのドレッシングを添えて。

エクオール豆知識(3)

“エクオール”は、骨とも深く関わっている。

骨粗鬆症は女性ホルモンとも深く関係するため、特に女性に多い病気。エストロゲン分泌量が減少する、閉経後5年ぐらいから患者が急増。骨折は、そのまま寝たきりや要介護になる恐れもある。女性ホルモンと似た働きをするエクオールには、骨を丈夫に保つ作用があり、将来の健康な生活をサポートしてくれる。

写真を拡大
女性ホルモンには、骨からカルシウムが溶出するのを抑制する働きもある。体内でエクオールを産生できる人は、骨密度低下率が低いというデータがあるので、つくれる人もつくれない人もサプリメントで早めの補完がオススメ。

エクオールについてさらに詳しくはコチラ

更年期ラボ>>

美女医の美習慣

Vol.1 美容皮膚科医 小栁衣吏子先生

Vol.2 産婦人科医 疋田裕美先生

Vol.3 内科医 越田容子先生

Vol.4 精神科・心療内科医 上田容子先生

Vol.5 眼科医 小原杏那先生