生活日用品の出費が多かったのは、シャンプーや洗剤、柔軟剤などを妻が買いだめしていたから。「腐るもんじゃないから、安売りのときに買っておいたほうが得」と、どんどん買い込んでいた。今はストック箱を用意し、買うのはそこに入る分だけ。また一番下の娘とのお出かけで服をねだられても、よく考えてから買うように。

横山光昭
家計再生コンサルタント。マイエフピー代表取締役。庶民派FPとして1万人以上の赤字家計を再生。著書に『年収200万円からの貯金生活宣言』ほか。