不気味な「ダイエット教」からの決別

観察してみると、弁当の炭水化物を残す人は案外おやつをバカバカ食っていたり、コーヒーチェーンの生クリームが乗っかったようなコーヒーもどきのドリンクを摂取していたりする。食事の炭水化物をちょっとばかり少なくしようが、一日あたりの摂取カロリーが多ければ体重が増えるのは当たり前だ。

消費カロリーよりも、摂取カロリーを少なくする──この大原則さえ理解していれば、太ることはない。「甘いものが食べたい!」「小腹が減った。何か食べたい!」「せっかくの差し入れ、味見したい!」なんていう状況で、「いや、自分は食わん!」という意志を持てば、デブにはならない。

しかしながら、そこで「食べたい!」という欲望に従ったとしても、罪悪感を抱く必要はまったくない。デブも個性である。好きなように生きようではないか。もう、「ダイエット信仰」は終わりにしよう。少なくとも、風潮に踊らされてストレスを溜めるだけのダイエットからは距離を置こう。

ちなみに43歳の私は身長168cm、体重54kgだが、この体型は15年変わっていない。そして、一度もダイエットをしたことはない。

どうしても体重を増やしたくないんだったら、まずは過度に食うな。減量にラクな道ナシ、である。

【まとめ】今回の「俺がもっとも言いたいこと」
・体型なんて個性。どんな体型だろうと、実績を残せば評価されるもの。
・どうしても太りたくないなら、過度に食べなければいい。
・折々のダイエット法に右往左往するのは愚か。危機感を煽るだけの“ダイエット教“から距離を置くべし。
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)
1973年東京都生まれ。ネットニュース編集者/PRプランナー。1997年一橋大学商学部卒業後、博報堂入社。博報堂ではCC局(現PR戦略局)に配属され、企業のPR業務に携わる。2001年に退社後、雑誌ライター、「TVブロス」編集者などを経て現在に至る。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』『ウェブでメシを食うということ』『バカざんまい』など多数。