控えめでオーセンティックというよりは、カーレースやヨットレースといった各種スポーツの世界、あるいはクラシックやモダンなど独自の美意識を強く打ち出したデザインが昨今の傾向。やっぱりクロノグラフからは目が離せない。
このシンプルさ、上品さこそ、パルミジャーニの本質
PARMIGIANI FLEURIER パルミジャーニ・フルリエ
「トンダ メトログラフ」。ラウンド形ケースと手首に沿うように湾曲したラグの形状を特徴とする主要コレクション、「トンダ」のクロノグラフにSSモデルが新登場。3時位置のスモールセコンドは、長短に分かれた秒針の両端で30秒ごとに交互に秒表示を行う。12時位置には日付表示を備える。●SS。ケース径40mm。自動巻き。カーフ・ストラップ。125万円〈パルミジャーニ・フルリエ・ジャパン〉
 
毎秒1周するクロノ針に見惚れる、100分の1秒計付きクロノグラフ
ZENITH ゼニス
「デファイ エル・プリメロ 21」。注目は新開発のクロノグラフキャリバー。時刻表示用と計時用の二つの独立した脱進機構を備え、計時用は毎時36万振動で100分の1秒まで計測できる。しかもCOSC認定取得。ひげぜんまいには耐磁性に優れたカーボンナノチューブを採用した。●チタン。ケース径44mm。自動巻き。ラバー(アリゲーターコーティング)・ストラップ。115万円〈LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス〉
 
シャンパンゴールド文字盤のラグジュアリーなクルマ時計
ROLEX ロレックス
「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」。耐衝撃性に優れたパラクロム・ヘアスプリングを採用した完全自社製のキャリバー4130を搭載。ベゼルはセラミック系素材のセラクロム、ストラップは耐久性に優れたエラストマー。自社認定のロレックス高精度クロノメーター。●18KYG×セラクロム。ケース径40mm。自動巻き。エラストマー・ストラップ。262万円(予価)。今夏発売予定〈日本ロレックス〉
 
夏のバカンスにはこんな時計を。ブルーグレーダイヤルのクラシッククロノ
CARL F. BUCHERER カール F. ブヘラ
「マネロ フライバック」。ここ数年、リブランディングに取り組むカール F. ブヘラ。今年は丸形ケースでクラシカルなデザインを打ち出す「マネロ」の新作が豊富だ。このモデルはクロノグラフ作動時にプッシュボタンを押すとクロノ針が帰零し、離すと新しく計測を開始するフライバッククロノを搭載。●SS。ケース径43mm。自動巻き。アリゲーター・ストラップ。88万円。今秋発売予定〈ブヘラジャパン〉