Q. 私たちが今、読むべき本は何ですか?
Answer:明治大学文学部教授・齋藤 孝さん

(上から順に)『LEAN IN(リーン・イン)』『不格好経営』『シャネル 人生を語る』『花言葉』『漱石書簡集』

いよいよ、メンタルタフネスが必要な時代です。自分一人で切り抜けなければいけない場面でも、人に相談しなければならない場面でも、精神状態を適切に保って対処していかなければなりません。変化が激しく、社会も人も複雑な状況に陥っていますから、自分自身をマネジメントしていく能力を養いましょう。

そこでお薦めしたいのが、時代を切り開いてきた女性の本です。現実に向かってひとつひとつ道を切り開いている女性たちの姿や考え方には、学びが大きい。読み進めると、経営者などの高い能力が必要な人も一般の人も、同じような問題にぶつかっていることがわかります。上の立場の人はより大きな課題に取り組んでいるだけで、根本の問題は同じなのです。精神論だけ書かれた本ではわかりづらいこともありますが、『LEAN IN』『不格好経営』『シャネル』は、実体験がつづられていて参考にしやすいと思います。

精神的にも肉体的にも疲れていたり、忙しすぎて本を読む余裕がないときには、美輪明宏さんの『花言葉』で、気持ちを落ち着けましょう。5年ほど前からときどきお会いしているのですが、若いときから成功も失敗も経験された方だからこそ、アドバイスに説得力があります。美輪さんの美的な要素や格言に触れて、自分と向き合いましょう。

道を切り開きたいと感じている方に読んでいただきたいのは、『漱石書簡集』です。夏目漱石というと、“悩める人”というイメージが強いかもしれませんが、実は大きな志を持って生きた人だったことがわかります。日本の近代を支えた、日本人全体の教師といえるでしょう。それぞれの手紙が自分に宛てられたと思って読めば、勇気づけられ、視野を大きく持てるようになります。

時代の流れに取り残されないためには、多くの本を精密に読みこみ、すぐに仕事に応用できるようにしていくことが重要です。最後に、私が実践している読書法をご紹介します。

まず、本を読み終える期限を設けます。目を速く動かしたり、必要な部分だけをピックアップして読み進めると、徐々に速く読めるようになります。時間を短縮したいなら、目次を見て、結論が書いてありそうな章から読んでもいいと思います。速く読もうとして記憶に残らないのは本末転倒ですから、読んだ本は内容を要約して周囲に説明します。

仕事用でも趣味の本でも、本を探すときには、書店に行くことをお勧めします。探している本の類書数冊を真剣に読み比べるのです。中身を吟味して一番いいものを1冊買うようにすれば、そのとき選ばなかった本の内容も記憶に残ります。このとき、立ち読みだけで済ませようとすると、だんだんと真剣に読まなくなり、記憶に残りませんから、1冊は買うこと。服やバッグを買うときに真剣に比べるように、本も真剣に選んでみてください。