高級時計といえばスイス製を思い浮かべるかもしれないが、ここ数年はドイツ勢の躍進も目覚ましい。華やかで優美な印象が強いスイス時計に対して、質実伴った端正なデザインがドイツ時計の特徴である。このドイツ時計興隆の火付け役になったのがA.ランゲ&ゾーネ。ドイツ時計産業のルーツを知るために、その故郷であるドレスデンを訪ねた。

ザクセンの先進性を示す「数学物理学サロン」

ツヴィンガー宮殿の中庭。中央の建物が数学物理学サロン。
アドルフ・ランゲとグートケスが製作した“5分時計”(後述)の10分の1スケールの模型。
16世紀につくられた天文時計など、数学物理学サロンには貴重な機械が並ぶ。

ドイツ時計産業の故郷とされるのが、ドイツ東部の古都ドレスデンである。ドレスデンは、17世紀終わりから18世紀初めにかけて、ザクセン選帝侯フリードリッヒ・アウグスト1世(強王)の治下、文化・芸術・科学の中心地として栄華を極め、“北のフィレンツェ”と謳われた美しい都である。アウグスト強王は建築や学問、手工業、芸術などの振興に力を注ぎ、ドレスデンをヨーロッパ有数の文化都市へと発展させた。ドレスデンのバロック建築を代表する聖母教会やアウグスト橋、ツヴィンガー宮殿もまた彼によって創建されたものである。

アウグスト強王は自身でも工芸、美術、科学、文化に強い関心を抱き、さまざまな蒐集を行った。ツヴィンガー宮殿内の「数学計器室」には当時の先端的な機械・機器が収蔵され、また王宮内の「時計の間」には多数の機械式時計が保管されている。これら貴重な収蔵品の手入れと管理を行うために雇われたのがザクセン宮廷時計師である。ドイツ時計の歴史はこの宮廷時計師によって開かれたと言っていい。このドレスデンで生まれ、時計職人として修業し、宮廷時計師となった後にやがてその近郊で時計工房を起こしたのがフェルディナント・アドルフ・ランゲ――高級時計ブランド、A.ランゲ&ゾーネの創始者である。A.ランゲ&ゾーネは第二次世界大戦後、旧東ドイツ政府に接収されるまでの100年余り、ドイツ高級機械式時計製造の中心であり続けた。

数学物理学サロンの展示品から。(上)ミニッツリピーター、スプリットセコンド・クロノグラフ、永久カレンダーを搭載した複雑懐中時計。1902年製。(下左)ザクセンの精密時計の歴史に名を残す時計師、ザイフェルトが1807年に製作したレギュレータータイプの懐中時計。この時計に想を得て、A.ランゲ&ゾーネでは「リヒャルト・ランゲ・トゥールビヨン“プール・ル・メリット”」(下右)を製作。2011年に発表した。

数多くの貴重な機器・時計類を収蔵していたツヴィンガー宮殿は、1945年2月のドレスデン大空襲によって壊滅的な被害を受ける。機械類は疎開させていたため難を逃れたが、その後の東西ドイツ時代にはドレスデンの名が歴史の表舞台から消え去り、宮殿も朽ちるに任せるばかりだった。1990年の東西ドイツ統一後にようやく改修が開始され、往年の姿を取り戻したのが2013年。A.ランゲ&ゾーネの支援のもと復興し、「数学物理学サロン」としてオープンした。サロンは2フロアからなり、計測機器やオートマタ(機械人形)、天文時計のコレクションの質量からは当時の技術水準の高さが伺える。また、後述するゼンパー・オーパー(ザクセン州立歌劇場)の“5分時計”の小型模型、複雑懐中時計など、A.ランゲ&ゾーネゆかりの展示物も並ぶ。

▼ツヴィンガー宮殿 https://www.der-dresdner-zwinger.de/