郵便局だけで買える、おいしい家庭料理の本『dancyuクッキング vol.3』が発売になりました。上海の家庭料理を語る上で外せない「黒酢」。そのままで、火を入れて、独特のコクと酸味を生かして。無尽蔵に広がる黒酢メニューの一端をご紹介します。

じゃがいもの黒酢炒め 黒醋炒土豆(ヘイツーチャオトウドウ)

じゃがいものシャキシャキとした歯ざわりに、黒酢がさっぱりとからむ。同じ黒酢でも酢豚などと違い、少量を仕上げに効果的に使うため、素材を軽やかな酸味でまとめてくれる。何か一品足りないな、というときのおかずに最適。

▼材料(4人分)

じゃがいも…大2個、ピーマン…2個、塩…小さじ2分の1、砂糖…大さじ2分の1、黒酢…大さじ1、サラダ油…適量

▼つくり方

(1)じゃがいもとピーマンは2~3mm幅の細切りにする。中華鍋にひたひたのサラダ油を熱して、あらかじめピーマンのみ、さっとくぐらせておく。
(2)再度中華鍋にサラダ油大さじ1を熱し、じゃがいもを炒める。塩を入れてざっと合わせたら砂糖を加えて炒め、最後に黒酢を入れる。
(3)じゃがいものシャキシャキ感を残したいので、あまり炒めすぎないのがコツ。器に盛る直前に(1)のピーマンを入れ、ざっと合わせて完成。

王 連清
元「上海人情 ワンズ・キッチン」オーナー

郵便局だけで買える、おいしい家庭料理の本
『dancyuクッキング vol.3』
(プレジデント社)

全国約4,000の郵便局で限定販売中の「dancyuクッキングVOL.3(販売価格760円)」では「楽しく食べて元気に!」をコンセプトに、トマト特集に加え、生姜・カツオ・黒酢と、夏を乗り切るレシピを集めました。

その他、平松洋子さんによる油揚げレシピのご紹介や 「dancyu殿堂入りレシピ フライベスト3」等、すぐに作れて使えるレシピ56選を大公開致します。
ぜひお近くの郵便局でお買い求め下さい!
→販売郵便局一覧はこちら