そろそろ真剣に相続のことを考えたいけれど、子どもは親に話を切り出しにくい。親は行動に移そうにも、何から始めればいいのかもわからない。相談できる相手もいない。そんな人たちに薦めたいのが、信託銀行をパートナーに選ぶことだ。

生前の相続対策が有効と知ってはいても、始めるタイミングをつかめない親世代、子世代は多い。

「この商品をきっかけに、家族で相続のことを話題にできるようになった」と利用者から評判になっているのが、三菱UFJ信託銀行が提供する3タイプの「次世代支援信託」だ。

なかでも、教育資金のための生前贈与を1500万円まで非課税で行える教育資金贈与信託『まごよろこぶ』は、親世代、子世代とも、話を切り出しやすい人気商品だ。同社リテール企画推進部の玉置千裕氏が人気の背景を語る。

ご家族への「想い」とお客様の「利便性」を強く意識しています。(『まごよろこぶ』の場合)
リテール企画推進部
玉置千裕
トラストファイナンシャルプランナー
1級ファイナンシャル・プランニング技能士

「満額の1500万円ではなく、『孫の成長に役立ちたい。300万円くらいなら』などと、ご家族への想いから、ご自分なりの金額で利用されるお客様もたくさんいらっしゃいます。用途が教育費に限定され、贈与資金がお孫さんの将来に活用される点が最大のポイントです」

それだけではなく、と玉置氏がさらに続ける。

「ご家族への『想い』に配慮したサービスであること、お客様の『利便性』も大切にすることを、当社では強く意識しています」

たとえば、『まごよろこぶ』の通帳は写真付きにできる。おじいちゃんおばあちゃんとかわいい孫とで撮った最高の一枚なら、通帳を見るたび、やさしい笑顔から愛情が伝わってくる。

また、他社の同様商品では、領収書を提出してはじめて資金を引き出せるパターンが大半だが、『まごよろこぶ』では「事前払い」が可能。立て替え不要で、物入りな子世代は助かる。

相続対策から入る信託銀行との付き合い

子世代にメリットが大きいのは『まごよろこぶ』だけではない。相続型信託『ずっと安心』なら、万が一のとき、あらかじめ決めておいた家族が決めておいた金額をすぐに引き出せる。葬儀の費用を立て替えなければならない、といった心配がなくなる。

また、相続対策を計画的に賢く行いたい、でも手続きが面倒という親世代には、暦年贈与信託『おくるしあわせ』が最適だ。毎年110万円まで非課税で贈与できる「暦年贈与」の手続きを代行してくれる。

3つの次世代支援信託『まごよろこぶ』『ずっと安心』『おくるしあわせ』は、いずれも管理手数料無料、元本保証で始めやすく、併用する顧客も増えているという。

「信託銀行こそが、お客様が何でも話せる、身近で信頼されるパートナーでありたい」と玉置氏は言う。

「われわれは一般の銀行業務に加え、不動産や相続関連の業務も取扱っています。親世代には退職金の運用から相続対策までを、子世代には住宅購入や資産形成のお手伝いができます。ご家族構成や状況を踏まえて1人の担当者があらゆるご相談に親身に対応させていただきます」

相続対策のニーズが急拡大している今、信託銀行がますますその存在感を増していくに違いない。