高校を学業不振や家庭の事情、進路変更など様々な理由で中途退学する人がいます。その数は現在5万人ほどになっていますが、高校中退者が置かれている状況はこの数十年、大きくは変わっていません。
東京大学の地震研究所の元准教授の都司嘉宣さんと、認定試験を経て、この4月から東京家政学院大学の学生となる森亜梨沙さんとの対談を3回にわけて紹介してきました。今回が、最終回となります。

認定のことが広く社会に正しく知られていない

今春から大学生になる森亜梨沙さん。

【都司嘉宣】森さんは大学の試験にも、見事に合格をされたのですね。

【森亜梨沙】去年の9月、東京家政学院大学のAO入試を受けて合格できたのです。家政学に興味があって、お料理も好きでしたから受験しました。

【都司】すごい!自分で人生を切り開き、しかも大学にまで行くことができるようにしたのですね。AO入試で大学側は、認定試験をパスしたというのを重く見たのだろう、と私は思います。これからは、楽しい学園生活が待っているでしょうね。

【森】食に関する仕事に興味があります。将来は食で人を幸せにする仕事をしたいと思っています。東京家政学院大学では、衣食住にわたり幅広く学ぶことができるので志望しました。

【都司】いいじゃないですか! おもしろい。卒業後は企業に勤めるだけでなく、大きな学校や工場などの給食や配膳に関わることもできますね。場合によっては、客船などのコックさんになることができるかもしれません。これから、たくさんのことを旺盛に学んでいく必要があるでしょうね。

【森】高校を辞める前の頃、学校に通うことは不安や怖さしかなかったのですが、この4月から入学する大学では希望や期待、わくわくした思いしかありません。中央高等学院に来てから、人生も私自身も大きく変わりました。

【都司】いいですね、いいですね。

【森】以前は、考え込むと不安が大きくなり、周りの人のことも気になっていました。今はもう、「自分は自分」と思っています。認定試験に合格し、大学入試にも合格できたことが、自信になっていると思います。

中央高等学院は、私にとって人生の希望をくれた一番の学校です。先生と生徒の距離がとても近く、いつも気さくに声をかけてくださいます。授業で分からないことがあってもすぐに教えてくれるので、ありがたかったです。私は先生方に本当に恵まれました。とても感謝しています。

【都司】それはよかった。認定試験に受かった人は、高校を卒業した生徒よりもある意味では、立派なのです。高校生は、そのほとんどが卒業はします。森さんのような場合、自分自身で動いて、道を切り開いたのですから、すごいことなのです。

森さんは今日の話でもわかるように、言葉が次々と滑らかに出てきますよね。高校を辞めてからアルバイトなどをして働き、たくさんの経験を積んで、その中で自分の考えを伝えることをしてきたからでしょう。それは、高校を普通に卒業した直後の生徒にはなかなかできないことなのです。学校で教えられることをしてきて、自分で考え、それを言葉で言い表す訓練を十分にはしていないからです。森さんは、その訓練を大学に入る前にしてきたのです。

【森】ありがとうございます。

【都司】大学入試では、例えば、世界史などで細かいことを隅々まで知っているか否かを測ることはできるのかもしれません。

しかし、日本語を使い、自らの考えや思いを正確に伝えることができるか。自分で人生を切り開き、自分の力で歩くことができるか否か……。今の多くの大学入試では、そこまでを測ることはまずできないだろうと思います。実は、社会人になると、このような力がすべてのベースになるのです。

毎年、大学受験のシーズンに、週刊誌などが「高校別、大学の合格者数」などの記事を掲載します。私は、あれにいつも腹を立てているのです。認定試験に受かり、大学入試に合格した人もたくさんいるのに、載っていない。そのことをきちんと伝えるべきなのです。

高校を辞めてどうしていいのか、わからなくなっている人やその家族に、こういう道があるのだと知らせることができるのです。私が調べると、高校中退者で認定試験を受けるのは、5人にひとりくらいの割合です。そして、その半分ほどしか合格していない。

つまり、高校を辞めざるを得なくなった人の中で、10人にひとりぐらいしか、認定に合格していない。この大きな理由の1つは、認定のことが広く社会に正しく知られていないことなのです。