高校を学業不振や家庭の事情、進路変更などさまざまな理由で中途退学する人がいます。その数は1990年前後に、年間で12万人を超えるほどに膨れ上がっていました。現在は5万人ほどになっていますが、高校中退者が置かれている状況はこの数十年、大きくは変わっていません。

前回、今回、そして次回と3回にわけて、東京大学の地震研究所の元准教授の都司嘉宣さんと、認定試験を経て、この4月から東京家政学院大学の学生となる森亜梨沙さんとの対談を紹介します。2人の対談を通じ、見えてくる日本の社会の問題をともに考えたいと思います。

目標に向けて勉強することが楽しかった

今春から大学生になる森亜梨沙さん。

【都司嘉宣】認定の存在はどなたが教えてくれましたか?

【森亜梨沙】アルバイト先だったパン屋さんで長く働かれていた女性も、教えてくださいました。私の母と同じくらいの年齢の方で、ずいぶんとかわいがってくれたのです。

【都司】いい方に巡り合えましたね。

【森】あの方にお会いしていなかったら、まだ、認定試験のことを知らなかったのかもしれません。私はたくさんのいい人と出会えましたから、恵まれています。

そのお店では、はじめはレジを打つ仕事をしました。パート社員の方が、パンの整形という作業をしていたのですが、それを私がすることになったのです。だんだんと慣れると、できるようになりました。高校を辞めて、失いかけていた自信を取り戻し、新しいことをしてみたいと思うようになったのです。ちょうどそんな頃に、認定のことを教えていただいたのです。

【都司】森さんは、強い人なのでしょうね。パン屋さんにお勤めの方たちから聞いたとしても、自分の身を中央高等学院に移し、道を切り開いていくのですから。そのような積極さがあるのは、強いからですよ。私は、かねがね思っているのです。中学校の校長先生が、認定試験のことを卒業する生徒たちにもっと言ってほしい。多くは高校に進学するのでしょうが、いじめを受けたり、学校に合わなかったり、さまざまな理由で退学せざるを得なくなることがあるかもしれないのです。

そのような場合には、認定試験があるから受けたほうがいいと教えていただきたい。合格したら、高校を卒業したことと同じ扱いになり、大学や短期大学、専門学校などの入学試験を受けることもできると教えてほしい。「高校を中退することは決してマイナスではない」と教えるのは、中学校の役目だと私は思っているのです。残念ながら、それができていない。

【森】高校を辞めたとき、2度と高校に行くことはないだろうな、と思ったのです。行かないだろう、ではなく、行けないと感じていました。姉やアルバイト先の人たちのおかげで、認定試験という大きな目標ができました。中央高等学院に入学するまでは不安ではあったのですが、毎日が本当に楽しくなりました。

去年(2016年)1月に入学して、机に向かい、先生の話を聞いて、ノートに書いていると、すごくうれしくなるのです。「私、すごい! 勉強している」と思うと、本当に不思議な気分になりました。目標に向けて勉強することが楽しい。入学してから生活リズムも変わり、先生方や新しい友達と出会えたりしました。勉強って、いいなとすごく思いました。認定試験を受けようとしたから、このことに気がつくことができたのです。