ブランドデビットのメリットはほかにもある。まず、キャッシュバックやポイント還元がある点。ブランドデビットのポイント還元率の目安は、0.2~0.5%程度だが、ブランドデビットでクレジットカード並みの還元率を享受できるケースも。たとえば、楽天銀行のJCBデビットは、還元率1%。ソニー銀行のVISAデビットにいたっては、外貨預金や投信などの取引状況に応じて、最大2%のキャッシュバックも。なお同カードは、海外での買い物時や現地通貨を引き出す際、外貨普通預金口座からそのまま引き落とせるユニークな一枚だ。

さらに、ブランドデビットは入会審査がないところが気楽である。クレジットカードの審査に落ちた人の受け皿になり、新規にクレジットカードを作りづらい定年後にも使い勝手がいい。15歳か16歳(金融機関により異なる)から作れるので、子どもに持たせることもできる。

また、使用後には確認のメールが届くため、身に覚えのない不正利用にすぐ気付ける点もいいところだ。

現状では発行する銀行が限られているが、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、りそな銀行、ソニー銀行、楽天銀行、イオン銀行といったさまざまな都市銀行やネット銀行、地銀からすでに発行されているので、作る場所に困るということはないはず。

電子マネーnanacoが搭載されているセブン銀行の「デビット付きキャッシュカード」のように、一枚でいくつもの機能を有する進化系ブランドデビットも続々と登場し始めている。ブランドデビットの取り扱いのある銀行に口座を持っているなら申し込みは簡単。ぜひお試しを。