――不本意な部署へ異動させられて、やる気が出ません。

でも、仕事に張りが出ずにずっと落ち込んでいたら、さらにうまくいかなくなる「負のループ」に陥っていくだけですよ。

僕が20代のときに大手企業の人事部の人から聞いて「怖い」と思った話があります。

その会社は、当時大卒を500人採用したうち、数年後に200人くらいを出世レースから落とす。さらに数年後に100人を落とす。そうして順次ふるいにかけていき、10年目には幹部候補生は数十人しか残れないそうです。

僕が「数年で出世レースから落とされた人は、やる気が起こらなくなるのではありませんか」と聞くと、その人はニッコリ笑ってこう言いました。「出口さん、その心配はありません。落とされた人がやる気をなくして手抜きした仕事をすれば、無限に落ちていくだけなので」。

――いくら頑張っても、報われないこともあるんですね。

あなたが出世レースから外された原因は、何だと思いますか。

――上司とソリが合わなかったからだと思うのですが。

歴史を紐解けば、ほぼすべての人があなたのような挫折感を味わっています。

出世レースから外れたということは、自分が「多数派である」ことを確認しただけだと思えばいいのです。

毎年200人が入社する会社で、社長が5年で交代するとすれば、社長になれるのは1000人に1人です。999人はどこかで落ちていく。それに、出世はほとんど運ですよ。

――そうは言っても、私は今の会社で出世したかったんです。

「出世したい」という欲望はいたって健全です。でも、たまたまの巡り合わせで出世レースから外れ仕事に張りをなくしたら、人生が面白くないでしょう。

もちろん仕事が面白くなければ、転職を考えてもいいと思います。

フランスの作家ロマン・ロランが「人間にとって大事なのは、現実を素直に見て、それを認める勇気である」という意味のことを書いています。現実を認めるのは、勇気がいることです。誰もが自分は特別だと思っている。人間にとって最も厄介なのはこの自尊心です。

――気持ちを切り替えて真面目にやっていれば、いいことがあるかもしれませんね。

そうです。自分だけが不当な目に遭っていると思うのは現実が見えていないだけです。そう考える時間があったら仕事を一所懸命やることだと思います。

――本当に実力があれば、出口さんのように、会社を立ち上げることもできると思うことにします。

Answer:「俺も多数派になった」と思い、仕事を一所懸命やればいいのです

出口治明(でぐち・はるあき)
ライフネット生命保険会長 

1948年、三重県生まれ。京都大学卒。日本生命ロンドン現法社長などを経て2013年より現職。経済界屈指の読書家。