■モデル家計簿

【家族の人数】4人
世帯主年齢60歳
世帯年収400万円
非消費支出2万2364円
手取り収入31万0969円

熟年離婚が流行しているが、お一人さまになっても安定した収入を得る働き口がないと、途端に生活が困窮する。では、お二人さまならいいのかというと、それはそれで大変。引退して時間をもてあました夫が、退職金をはたいて憧れだったスポーツカーを購入してしまうこともある。また、この年代は食べることが楽しみで、高級な食材を買い求めたり、外食の回数が増え、食料費が下がらないことが特徴だ。
 

■宮澤家の家計簿

家族の人数2人
世帯主年齢67歳
世帯年収481万円
非消費支出5万2783円
手取り収入34万8050円

高齢者世帯の平均を約15万円も上回る月収があり、夫婦2人暮らしの家計としてはかなりの余裕がある。企業年金を含め大企業ゆえの年金支給額といえよう。子どもたちもすでに独立しており教育費の必要がなく、また、住宅ローンも完済しており、大きな支出の心配はない。このため60代後半にもかかわらず、貯金を取り崩さず、逆に毎月12万円も貯蓄しているのは、老後への強い安心感となる。