2月25日、プレジデント ウーマン・女性読者限定のセミナー「PRESIDENT WOMAN FORUM Vol.2」を開催します

雑誌「プレジデント ウーマン」は創刊2年目を迎えることができました。これもひとえに読者の皆さまが温かく支えてくださるおかげです。心より厚く御礼申し上げます。

私たちを取り巻く環境で、いま、最もホットな話題になっているのが「働き方改革」。中でも、女性が長く働いて力を発揮するためには、長時間労働の廃止と、生産性の向上がなくてはなりません。

2016年7月に開催された「PRESIDENT WOMAN FORUM vol.1」

プレジデント ウーマン編集部では、私たち女性が自分ごととして働き方改革をとらえ、働きやすい社会を作っていくためのセミナーを開催したいと思い立ちました。併せて、ご参加下さったみなさまに自由に語り合っていただく懇親パーティーもご用意しています。

本セミナーは、2月25日東京ガーデンテラス紀尾井町「紀尾井カンファレンス」にて実施します。女性管理職&管理職候補の方を始め、働き方改革に興味をお持ちの女性に広く参加していただきたいと思っています。編集部一同、皆さまのご参加を心よりお待ちしております。(「プレジデント ウーマン」編集長 今井道子)

■PRESIDENT WOMAN FORUM Vol.1の様子(2016年開催)
→ http://president.jp/articles/-/19851

PRESIDENT WOMAN FORUM Vol.2「働き方改革は私たちの問題です」

第1部は、株式会社大和証券グループ 本社取締役会長 鈴木茂晴さんによる基調講演で「脱・長時間労働。私はこうして19時前退社、働き方改革を断行した」。今から10年以上も前に、働き方改革に取り組み、成功させた大和証券グループ本社・鈴木会長。働き方改革に取り組んだ思いや、改革の際直面した壁をいかに乗り越えたか、など様々なエピソードについてお話しいただきます。

第2部は、相模女子大学 客員教授でジャーナリストの白河桃子さんと、厚生労働省ジョカツ部 主幹事 石田勝士さんによるパネルディスカッションで、「男と会社をどう変えるか ~私たちから始める働き方改革」。長時間労働体質、男社会のルール……。チームの生産性を上げようと取り組むとき、女性管理職は多くの壁にぶつかります。上司・同僚・パートナーの意識や会社の古い体質とどう向き合えばよいか、どう変えていけるのかについて、お2人が徹底的に議論します。

(左から)株式会社大和証券グループ 本社取締役会長 鈴木茂晴さん、厚生労働省 石田勝士さん、ジャーナリスト 白河桃子さん

第3部はアフターパーティー。会場を移動し、同じ建物内のレストランで、参加者の皆さまの懇親パーティーを行います。第2部のパネルディスカッションに登壇する白河さん、石田さんにも参加いただく予定です。同じ悩みを抱える読者との交流や、セミナーでもっと聞きたかった話を聞くチャンスです。