2016年12月30日(金)

牛タン定食の「美しい食べ方」6ステップ

dancyu 2015年3月号

文・マッキー牧本 撮影・茅原田哲郎

1. 漬物は2つに分ける

最初に白菜漬け(もしくは青菜漬け)を分けておく。「牛タンの合間に食べる用」と「牛タンと一緒に食べる用」だ。特に前者には食べるリズムを整える重要な役割がある。

2. 1枚目は何もつけずに

何はともあれ1枚目は何もつけずにがぶりとやる。「麦めしへワンバウンド」は忘れずに。これが基本動作となる「ワンバン」だ。牛タンの味と脂をこすりつけるべし。

3. 白菜で清涼なる味

白菜漬けは清涼感を司る。単体で食べるのもいいが、2枚目の牛タンにのせて一緒に食べれば口の中がリフレッシュ。激闘が予想される中盤に向け、舌の態勢を一度整えておこう。

4. 隠れアイテムを活用

実は牛タン定食には隠れアイテムが存在する。テールスープに浮かぶ長ねぎである。このクタクタの長ねぎを牛タンにのせ、胡椒をパラリ。これが意外と侮れない味なのだ。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

マッキー 牧元