名門と称される理由は何か、一流と呼ばれる人に共通するものとは──。各界の第一線で活躍するプロフェッショナルに学ぶ本連載。初回はフレンチのトップシェフ、小島 景氏を訪ねた。

世界屈指のシェフが語る“一流の条件”とは?

小島 景(けい)
ベージュ アラン・デュカス 東京 総料理長
1964年東京生まれ、鎌倉育ち。18歳で料理人としてのキャリアをスタートし、88年に渡仏。アラン・デュカスの傘下で10年以上働き、モナコの三つ星レストラン「ル・ルイ・キャーンズ アラン・デュカス」では3年間副料理長を務める。2008年に帰国。「ビストロ ブノワ」の料理長を経て2010年から現職。

東京・銀座のシャネル銀座ビルディングにある「ベージュ アラン・デュカス 東京」(以下ベージュ)といえば、世界中の美食家がこぞって訪れるフレンチの名店である。同店の総料理長を務めるのが小島景氏。言わずと知れたフレンチの巨匠、アラン・デュカスに「世界で最も私の料理哲学を理解し、実践する日本人」と言わしめる一流シェフだ。数多の名店がしのぎを削る日本のフレンチ界にあって、2010年の総料理長就任以来、変わらず支持され続ける理由を、氏は次のように語る。

「アラン・デュカスとシャネルがコラボレーションした店となれば訪れる人の期待は大きい。その期待に応えられているか、つねに不安にかられています。満足したことは一度もないし満足したらそこで終わり。一流を目指し一流であり続けるためには、つねに進化させていくことが必要だと思います」

このベージュを運営するアラン・デュカス・エンタープライズとパートナーシップを組むのがダイナースクラブだ。1950年にニューヨークで発足したツケで食事ができるクラブ「ダイナース(食事を楽しむ人)」を起源とし、世界初のクレジットカードであるダイナースクラブカードを発行している。

期待に応え続ける姿勢が60年超の歴史をつくる

両者のパートナーシップとは単なる価格面・サービス面のみの協力関係にあらず、一部の特別イベントを共催している。その最たるものが「コレクション・ベージュ」。シーズンごとに発表するファッションのコレクションに倣って、その季節の選りすぐりの食材を使った料理を小島氏が振る舞う。ダイナースクラブのメンバーはかつてない新趣向を求めて訪れるのだが、この関係には両者のパートナーシップの本質が垣間見える。

「同じお客様でも先週と今週では気持ちや境遇が異なります。そうした方に同じものを同じように提供しても満足してもらえない。同じ食材でも調理法を変えるなど、新しい価値を提供する努力をしていますが、その点がダイナースクラブと共通する部分。一流の方に支持される努力を、しかも半世紀以上続けるのは並大抵のことではありません。そうした歴史の積み重ねが一流の地位を築いているのだと思います」

最高1億円の補償や携行品損害補償などが充実した旅行保険、24時間/年中無休のコールセンターなどのサービスに加え、ダイナースクラブカードが他と一線を画する特徴が三つある。一つは利用限度額に一律の制限がなく、会員一人ごとの利用状況に応じて個別に利用可能枠が設定されること。二つめがグルメ関連サービスの充実。そして最後が特別な体験ができるイベントである。ダイナースクラブではカード会員を「クラブの一員」として迎え、前述のコレクション・ベージュのようなグルメイベントのほか、京都・醍醐寺での観桜会、歌舞伎の貸切公演といった特別イベントを年に200近く開催。クラブメンバーに新しい知見や体験を提供し続けているのである。

ダイナースクラブには、60年以上の歴史があり、充実のサービスがあり、その根底には現状に満足することなくつねに進化を目指す姿勢がある。向上心の強い一流のビジネスパーソンにこそ薦めたいゆえんである。

(c)Pierre Monetta

ベージュ アラン・デュカス 東京
東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング10階 TEL.03-5159-5500
(営)11:30~16:00(L.O.14:00)、18:00~23:30(L.O.20:30)月・火曜定休

上写真2点/(c)Pierre Monetta

アラン・デュカスとシャネルというフランスを代表するシェフとファッションブランドがコラボレートしたフレンチの名店。銀座・中央通りに面するシャネル銀座ビルディングの10階に位置する。「フランスの文化を伝えるのがわれわれの使命」と小島氏が語るように、インテリアやテーブルセッティングに至るまでフランスらしいエレガンスが薫る。小島氏に縁のある鎌倉野菜をはじめとした日本の厳選食材とフランスの高級食材を使い、伝統的なフレンチをベースに現代的に表現した料理が美食家の支持を集める(上写真は春のメニューの一例)。スタッフが料理や食材の文化的背景を説明してくれる点も好評。

ダイナースクラブなら、オン・オフ問わず役に立つ特別サービスが充実!

ダイナースクラブ会員にはベージュ アラン・デュカス 東京で以下の特別サービスを提供。ぜひ利用したい。

(1)アペリティフサービス
会員および同伴者全員に、ランチあるいはディナー利用時にアペリティフを1杯提供。
(2)1テーブルを確保
ランチおよびディナータイムの予約用に、毎日1テーブルを会員のために確保。

アラン・デュカス・エンタープライズが運営する東京・南青山の「ビストロ ブノワ」では、上記(1)、(2)の特典に加えて利用金額からの割引や、2名以上で所定のコース料理を利用すると1名分のコース料金が無料になる会員向けサービス「エグゼクティブ ダイニング」も利用可能。また、アラン・デュカス・エンタープライズが運営する海外のレストラン(ル・ムーリス アラン・デュカスなど)でも特別なサービスが用意されている。

*各種サービスをご利用の際には諸条件があります。詳細はダイナースクラブ ウェブサイトをご覧ください。

[オンライン限定]新規入会キャンペーン実施中

キャペーン期間:2017年1月31日まで
入会キャンペーンについて 詳しくはこちら≫

 

PRESIDENT Onlineで「ビジネスが変わるカード活用術」を公開中

>>Series 一流は一流を知るVol.2「進取の気性が老舗たるゆえん」はこちら