積水ハウスのフラッグシップ「イズ・ステージ」。ワンランク上の暮らしをかなえるラグジュアリーな空間と心からのくつろぎを実現する、最新の住まいの魅力を体験した。
秋の夜長をホームパーティで楽しみたい。リビングの向こうには、アイランドキッチンのあるダイニングルーム。

快適さと安全性
住まいの進化は止まらない

積水ハウスのロングセラーとして、30年を超えて支持される「イズ・シリーズ」。そのフラッグシップモデルとして、1987年の発表以来、進化し続けている「イズ・ステージ」の最新のモデルハウスが、茨城県古河市にある「関東 住まいの夢工場」に登場した。

写真を拡大
左/玄関脇にある土間の接客ホール。シンプルながら上質な空間。
右/大屋根とガラスや石の素材感が圧倒的な外観。玄関は奥まった位置につくられている。

エントランスのゲートをくぐり、緑の植栽に導かれるように長いアプローチを進むと、期待感が高まっていく。重厚なドアを開けると、広々とした玄関に、土間の接客ホール。北庭の緑が目に優しい。ソファやコーヒーテーブルが置かれ、ホテルのロビーさながらの空間だ。

写真を拡大
上/2階に設けたゲストルームは、ラグジュアリーホテルのような非日常感を演出。下/隣接するダイニングから30cmほど床面を下げ、“こもり感”に包まれたライブラリー。

玄関ホールから小さな前室を抜けてリビングに入ると、目の前に思いがけない大空間が広がり、心地よい驚きをもたらしてくれる。コートに面した南側は、吹き抜けの高さを最大限に生かした大きな開口だ。中庭に植えられた樹木が、部屋の奥まで木漏れ日を落としている。見上げれば、梢(こずえ)の先に、青空まで視線が抜けていく。自然の光や風を暮らしに取り入れる、積水ハウスならではの「スローリビング」だ。

インテリアはグレーを基調に、どこか“和”を感じさせる落ち着いた雰囲気でまとめられている。上質な素材が自然の光を柔らかく受け止め、やすらぎに満ちた空気感をつくり出す。リビングに続くダイニングには、おもてなしにぴったりのアイランドキッチンがしつらえられている。

ダイニングの先には、床を2段下げ、地面が間近に感じられるライブラリー。エタノール暖炉の炎がゆらめいて、大地に包まれるような癒やしの感覚が味わえる。多忙な日常から解き放たれて、くつろぎのひとときを過ごすのにふさわしい居場所だ。

この変化に富んだ空間構成を可能にするのは、積水ハウスが独自に開発した構法「ユニバーサルフレーム・システム」。設計の自由度を高めつつ、構造の強度も確保する。地震動エネルギー吸収システム「シーカス」との組み合わせで、万一の災害時にも抜群の安心感がある。

暮らしを彩り、次代に住み継ぐ住まいを守るのは、積水ハウスが誇る「ダインコンクリート」の外壁。耐久性・耐火性に優れるのはもちろん、人の手のぬくもりを感じる、豊かな質感が特長だ。

人生も街並みもグレードアップする高品質な住宅。あなたも一度、「イズ・ステージ」を体感してみてはいかがだろうか。

吹き抜けの大開口から差し込む木漏れ日に包まれ、穏やかな時間が流れるリビングルーム。
イズ・ステージ 関東夢工場モデル
こちらのイズ・ステージを見ることができるのは、積水ハウスの体験型施設「関東 住まいの夢工場」。完全予約制で、申し込みはお近くの積水ハウスまたはウェブサイトから。
●茨城県古河市北利根2
www.sekisuihouse.co.jp/yumekojo/kanto

資料請求&プレゼントのご案内

本特集の協賛企業様の資料をご希望され、アンケートにお答えいただいた方の中から、抽選で3,000円分のギフトカードを10名様にプレゼントいたします。以下よりご応募ください。