ビジネスシーンで好印象を得るには、胸を開いて肩をリラックスさせ、堂々としていることが第一条件。好感度の高い美しい肩のつくり方とは?

肩ラインをしっかり引き締める「スリーポイント レッグオープン」

どれだけメイクを頑張っても、肩周りについたもったりとしたお肉は、その人を一気に老けさることに気が付いていますか? 凝りかたまった肩が盛り上がって首を短く見せたり、たっぷりとお肉がのった肩では顔周りのシルエットが台無しです。またビジネスシーンでは、肩が内側に入って猫背になっていると、自信がなさそうな印象を与えてしまいます。

肩ラインのポイントは、三角筋。肩の関節を大きく覆うように付いていて、腕を前後左右上下に動かす筋肉です。三角筋を鍛えて肩を整えることで、首と肩の凝りかたまりが解消されて首元はすっきり、姿勢も美しく見えます。さらにバストトップの位置も変わって若々しい印象に。

日本女性は、肩幅が狭くて華奢な感じを好みがちですが、実は、肩のラインがきちんとあることで、顔が小さく見えてスタイルもよく見えます。美しい顔周りを演出するために、実践してほしいエクササイズです。

「スリーポイント レッグオープン」の3ステップ

(1)左膝をついて、左手を左肩の真下におき、右足・右手を体に則して伸ばします
(2)左手で体を支えながら、左足を左前方へ大きく開きます。両膝は伸ばしておきましょう
(3)右腕を天井に向けて伸ばし、目線も上に向け、30秒キープします。左右を1セットにして、2セットが目安です

憧れるのはマドンナのような引き締まった肩。自重で鍛えられるエクササイズは、ジムに行かずとも継続できるから、忙しい人にぴったり。
 
本橋恵美(もとはし・えみ)
体幹トレーニングコーチ、一般社団法人Educate Movement Institute 代表理事。
ヨガ・ピラティスを中心に、プロ野球・ラグビー日本代表・オリンピックメダリストなどトップアスリートへ指導。体幹を重視した「アスリートピラティス」「コアパワーヨガ」「Pillar Yoga」「COREVITY」、東洋医学を取り入れた静の運動療法「アロマフットセラピー」を構築・提唱する。また医療法人・自治体向け健康セミナー、 人材育成教育事業として養成コースを全国展開。その他フィットネスクラブ・ヨガスタジオ顧問、化粧品メーカーの商品開発などプロデュース。医療機関との連携を主体として活動する。
著書に「スポーツに効く!体幹トレーニング」「体機能が10歳若返る大人の体幹トレーニング」など。

本橋恵美open classは毎週土曜の14~15時半、東京・広尾のスタジオで開催中。一般の方も参加可能。詳細はrepaceで検索を!