あいまいな戦略目標、「空気」に支配される意思決定、統合的な戦略よりも戦術を重視する傾向。そして、属人的な組織運営や組織学習の欠如……。本書は、太平洋戦争での日本軍の失敗を分析した事例研究だが、その指摘の多くが、現代の日本企業が抱える課題にそのまま重なる。

仕事柄、経営戦略の学術書を多く目にするが、半世紀以上前の日本軍を題材とする分析が、日本の組織に依然として残る課題を鋭く抉っていることには驚きすら覚える。

企業の意思決定や変革を支援する我々コンサルタントにとって示唆深いだけでなく、企業経営に関わるすべてのプロフェッショナルに貴重な学びを与えてくれる名著だ。