ブルボンヌさん(女装パフォーマー)、光浦靖子さん(タレント)、松本晃さん(カルビー会長兼CEO)が、交代でお悩みに回答する本連載。仕事や私生活でモヤモヤしていることを一緒に解決してくれます。今回の回答者は光浦靖子さんです。

【今回のご相談】
大企業に入って7年目。残業もなく、産育休も取りやすいので、30歳くらいまでには結婚し、子どもも2、3人欲しいのですが、20代の後半をどう過ごせばよいのか、漠然とした不安を感じています。交際1年目の彼は忙しく、毎日が残業。結婚して幸せになれるかわかりません。彼の両親が離婚しているのも心配の要因です。[26歳・事務・asami]

残業がなく、産育休が取りやすい大企業。彼氏がいてプライベートも充実って最高じゃないですか。時間をどう使えばいいかなんて、ぜいたくな悩み。

だけど人間、ヒマだとろくなことを考えない。意味もなく不安になるらしいですよ。私も2連休が入ったりするとすぐ、将来仕事がなくなる想像をしてしまいますよ。「あの人、テレビに出てた人だよ」って指さされる場面とかをリアルに(笑)。

光浦靖子さん

結婚、申し込んでみたら? あなた、20代の後半には結婚できると思い込んでいるみたいですが、できるかどうかはわからないよ。意地悪で言ってるんじゃなくて、先のことはわからないでしょう? 私は具体的なことを何もしないまま、いつか結婚できて、いつか子ども産んで……なんて、期待だけしてこの年になっちゃいましたから、少し後悔もしています。あーだ、こーだと小さなことにこだわるより、ざっくりでいい、物事の大事な部分を捉えるべきだったなぁ……って。

勢いって大事だと思いますよ。彼のことが好きなら、「結婚しよう」って自分から申し込んでみたら?

オッケーなら結婚し、子どもが欲しいなら、産めるもんなら若いうちに産んじゃう。子どもができれば、「この子のために」って使命感ができるから、必死で生きていかなきゃならなくなりますよ。

20代で産めば、30代に仕事復帰できて、バリバリ働ける期間も長くなる。せっかく産育休を取れる職場なんだから大いに利用すべきだと思うけどなぁ。

彼の両親が離婚しているから不安、とは、彼も簡単に離婚しそうだと思ってるんですか? それは短絡的だと思いますよ。離婚するしないは、あなた次第じゃないですか? 彼の家庭環境のせいで……なんて初めからエクスキューズつけるのはズルいと思います。

親が離婚してたとしても、彼は立派に育った。その彼を好きになった。あなたのその気持ちを自分で疑ってるみたい。自信持っていい!

もしも、彼に結婚を断られた場合、大いに傷ついて悩んでほしいですね。で、一人で生きてゆくには何が必要なのか考えてほしいですね。そしたらあなた、ぼやぼや過ごしていられなくなりますよ。キャリアアップするには? 資格? 免許? 勉強時間が必要になります。勉強するとストレスがたまります。ストレス解消に、ヨガ? 山登り? 陶芸? また何か始めないといけなくなります。クソ忙しくなります。漠然とした不安を感じる時間すらなくなりますよ。

【光浦靖子さんからのアドバイス】
今すべきなのは彼へのプロポーズ。産めるなら早めに!

光浦靖子(みつうら・やすこ)
1992年、大久保佳代子さんとお笑いコンビ「オアシズ」を結成。「めちゃ2イケてるッ!」(フジテレビ系列)など、レギュラー番組多数。特技のブローチ作りを活かした企画も随時開催。