フライパンひとつでできる炒め物は、働く女性の強い味方。でも、味つけはワンパターンになりがち……。そんな悩みを解決してくれるのは、人気のフードユニット「つむぎや」の金子健一さんとマツーラユタカさん。ちょっとしたアイデアで、おいしくなる炒め物のレシピを教えてくれました。

たっぷり長ねぎと牡蠣の炒め物

●ねぎ油で炒めるとコクが違う! 香り豊かなやみつきの一品

“たっぷり長ねぎと牡蠣の炒め物”の主役は、香り。その正体は即席のねぎ油だ。炒めた長ねぎは、香りだけでビールが気分よく飲めるほどに香ばしい。

材料(2人分)
牡蠣……100g/長ねぎ……2本/舞茸……100g/生姜……1片
塩……ふたつまみ/粗挽き黒胡椒……適量/サラダ油……大さじ2/胡麻油……大さじ1
【A】醤油……大さじ2分の1/みりん……大さじ1/酒……大さじ1

●作り方
(1)長ねぎは斜め切りにして、青い部分と白い部分にわける。牡蠣はボウルに入れて、流水で汚れを洗い流す。舞茸は大きめにほぐす。生姜は粗みじん切りにする。Aは合わせておく。
(2)フライパンを弱火にかけてサラダ油と胡麻油をひき、長ねぎの青い部分と生姜を入れ、ねぎを返しながら3分ほど炒めて、香りを油に移す。
(3)中火にして、長ねぎの白い部分と舞茸を加えてさっと炒める。
(4)牡蠣、塩を加えて炒める。油が全体に回ったら、Aを加えて炒める。牡蠣がぷっくり膨らんで火が通ったら、黒胡椒をふって完成。
つむぎや
金子健一さん(右)、マツーラユタカさん(左)からなるフードユニット。得意ジャンルは、和食ベースのオリジナル料理。雑誌やイベント、ケータリング等で、アイデアあふれる料理を披露する。著書に『ヌードルメーカーでもっとおいしい! 生麺レシピ』(マイナビ出版)など。