趣味(ホビー)と英語(イングリッシュ)を組み合わせた新語をホビングリッシュ(Hobby-English)という。好きなことと一緒に習えば、英語の上達もきっと早いはず……ということで、スポーツや料理、ダンスなど、女性に人気の5つのスクールに潜入取材!

朝7時、緑豊かなテニスコートで汗を流す。体中に血がめぐって目が覚め、脳と体はつながっていると実感する。

スクールのテーマは「本気のテニス」。テニスが好きで、スキルアップしたい人だけを対象にしている。

プライベートレッスンでは日本語も交えた丁寧な指導が受けられる。 元は会計士だったというヘッドコーチは教え方も緻密でムダがない。 【写真左下】初回レッスンまでは必要に応じて日本人スタッフ(右)がフォローする。

この日、指導してくれたのは、国内外の高級ホテルやスクールでテニスを指導してきたジャン ピエール・フェリックスヘッドコーチ。マンツーマンレッスンなら、生徒の英語力に合わせ、わかりやすい短いセンテンスの言葉で指導してくれる。

テニスは対話力や精神力が鍛えられるスポーツ。集中力が仕事に活かせるのも大きなメリットだ。そのせいか、生徒には駐在員や外資系企業のビジネスマンなどのエグゼクティブが多い。

「仕事がはかどるから」と汗を流してから出勤する朝活派もいるという。

定期的に開催される懇親会やテニスリトリート(合宿)も楽しみの一つ。

「いろんな国籍の人がテニスで汗を流し、温泉に入り、食事とお酒を前に語り合う。とても贅沢(ぜいたく)な時間です」とコーチ。テニスを通じてワールドワイドに交流したい人にもおすすめだ。

グローバテニス
http://www.globa-tennis.com/jp/contact.php(ホームページ内メールフォーム)
【住所】非公表問
【営業時間】7:00~24:00(不定休)
【料金】初中級~中級の場合、グループレッスン(3~6人)は1回(1時間)3000円から。プライベートレッスンは1万2000円から(土日祝日は割増)。事前振り込み制。
★メールで事前問診をした後、初回のレッスンでレベルを確認する。