気の利いたおつまみと大好きなお酒ですごす夜ほど、楽しいものはない。ワインとチーズ、日本酒と鮭トバ、ハイボールとポテチもいいけれど……、たまには手作り。フードデザイナーのモコメシさんに、遅い夜に罪悪感なく食べられるヘルシーつまみのレシピを教えていただきます。

焼き舞茸と春菊のくるみ白和え

●黒胡椒がピリッと刺激的。ほんのり洋風でひと味違ういい香り

材料(2人分)
木綿豆腐……100g/舞茸……3分の1パック/春菊……3分の1束/くるみ……15g/酒……大さじ1/オリーブオイル……小さじ1
【A】白醤油(または薄口醤油)……小さじ3分の1/オリーブオイル……大さじ2分の1/黒胡椒……少々

●作り方
(1)豆腐は重しをのせて1時間ほど水切りをする。
(2)フライパンを中火で熱してオリーブオイルをひき、ひと口大にさいた舞茸を軽く焼き色がつくまで焼き、取り出す。
(3)2のフライパンに春菊を入れて酒を回しかける。蓋をして弱火で1分半蒸し炒めにする。粗熱が取れたら水気をしぼり、1cm長さに刻む。
(4)すり鉢でくるみを粗くすりつぶし、1の豆腐を入れてすり合わせ、Aを加える。3を加えてざっと混ぜたら、2を加えてさっくり和える。

【POINT】 和え衣にほんの少しオリーブオイルを混ぜることでコクが出る。白ワインにも合う。
モコメシ

料理好きの母の影響を受け、独学で料理を学ぶ。インテリアデザイン事務所勤務を経て、2010年、フードデザイナーとして独立。コンセプトは「食べるシチュエーションをデザインする」。著書に『大人もサンドイッチ』(グラフィック社)。