後輩のために、道を切り開こう

そんな大西さんに転機が訪れたのは、入社10年目を迎えたときのことだ。福岡営業所への係長としての異動・昇進を上司から打診されたのである。

「最初は自分には無理だと思って断っていたんです」と彼女は振り返る。

営業所の係長には、店で働くドライバーの小グループをまとめる役割がある。また、業務上のクレーム処理などを責任者として担当することもあり、それを務める自信がなかった。

「田舎で仕事をしていた私が、ビジネス街で物流の提案をする。そんなのできないって思いました。でも、営業部長にまで説得され、結局は行くことになって――」

福岡営業所に異動した際、彼女の不安は別の意味で的中することになった。

佐川急便 南福岡営業所長 大西由希子さん
1976年、宮崎県出身。98年、佐川急便延岡店(宮崎県)に入社。ドライバーとして10年間活躍し、同社で女性として初めて係長、課長、営業所長に就任。南福岡営業所では約70人のスタッフを率いる。