渋谷ヒカリエの「d47 MUSEUM」。dは「design」のd、47は「都道府県」を表し、47都道府県の伝統工芸から、若手のクリエイションまで~日本のものづくりの今~を発信するデザインミュージアムだ。毎回「 旅」「物産」「地域問題」など、様々なテーマで47の日本の個性を紹介している。

5月24日(日)まで開催されているのは「NIPPONの47人 2015 GRAPHIC DESIGN」展。日本各地からグラフィックデザイナーを選びだし、彼らの作品とともにその地域性に注目する試みだ。

工芸や農業など、様々な分野においてデザインが必要とされる今、都市圏のものと思われていた「 デザイン」は、伝統工芸や食文化など、風土を背景とするその土地ならではの個性として興味深くみることができる。そこには、それぞれの土地に根付く地元企業と、それぞれのデザイナーが対話を重ねた答えとしての、時間と風土に影響されたデザインがある。

その土地に住み、そこで創作している47人のデザイナーたち。彼らが持つ個性と、日本各地の風土や環境から生まれるデザインとを見て、日本中に「 その土地らしいデザイン」があるということを実感できる展覧会だ。

「NIPPONの47人 2015 GRAPHIC DESIGN」

会期:~2015年5月24日(日)
会場:d47 MUSEUM(渋谷ヒカリエ8F) 東京都渋谷区渋谷2-21-1
時間:11:00~20:00(入場は19:30まで)
料金:500円(学生:400円/小学生以下無料)

■お問い合わせ
03-6427-2301