賃貸経営を始めるにあたって、最大の不安要因は「空室リスク」。その有力な対策として、登録無料で入居希望者を集めるウェブサイト「ウチコミ!」が注目を集めている。現在は1都3県での展開だが、さらなる拡大を目指す。
大友健右
(おおとも・けんすけ)

アルティメット総研
代表取締役社長

食料でもファッションでも、あらゆる業界で今、消費者が直接取引に参加し、主導する時代へと変化しています。その波が及んでいなかったのが、不動産業界。賃貸でも売買でも、プレーヤーである投資家やオーナーが利益を出しにくい構造になっていました。そんな閉鎖的な体質を変えたい、という思いから生まれたのが、大家さんが直接入居希望者にアクセスできる『ウチコミ!』です」

サイトを運営するアルティメット総研の大友健右社長はサービスを開発した狙いをこう語る。

「ウチコミ!」の仕組みはいたってシンプルだ。賃貸物件のオーナーは物件情報を登録し、入居希望者が現れればチャットでやりとりする。現場での内見や契約などの業務は、提携する不動産会社(エージェント)が担う。もちろん、管理会社を変える必要はない。

成約すれば賃料1カ月分を仲介手数料としてエージェントに支払うだけでいい。これまでは客付する不動産会社に広告費として家賃1~3カ月分程度を支払うのが通例とされていたが、「ウチコミ!」を使えばそのコストが発生しない。

「普通、インターネットは効率化の手段として使われますが、不動産業界ではネットを使うことでかえって中間コストが増えてしまうという問題がありました。『ウチコミ!』はそこも解消します」

入居希望者のメリットも大きい。仲介手数料が無料なので初期費用負担が軽く、気になる点はチャットで直接オーナーとやりとりできる。ウェブに慣れた若い利用者ほど、このスピード感は魅力だろう。

写真を拡大
登録無料で入居者募集できる「ウチコミ!」。入居希望者とはチャットでやりとりし、契約業務はエージェントが担う。満室でも登録可。
https://uchicomi.com/

すでに多くのオーナーが、所有する物件情報を登録している。昨年11月には、「ウチコミ!」内でオーナー同士が直接物件を売買できる「ウチコミ!売買REVO」もスタート。直接取引なので仲介手数料は発生しない。売買に関するやりとりは、弁護士や司法書士などの専門家にも相談できる。まさに、賃貸経営を出口戦略まで支える総合プラットフォームになりつつある。

「売買の方は投資家同士でのやりとりなので、取引成立までスピーディー。全国展開して好評を得ています」。賃貸経営のみならず、不動産ビジネスを大きく変える可能性を秘めた「ウチコミ!」。その次の展開に期待したい。