わずか月5万円で老後は安心!

親の介護をしなければならなくなったら莫大な費用がかかってしまう……。漠然とこんなイメージを抱いている人が多いのではないだろうか。だが、介護費用は一様に高額なわけではない。何が費用の多寡を左右するのかといえば、ひとつは被介護者の要介護度であり、もうひとつはどこで介護を受けるか、つまり施設の問題だ。表はこのふたつの関係を表している。

要介護度に比例して費用も上がっていくのは頷ける話だと思うが、施設については少し説明が必要だろう。自宅は置くとして、その上側の介護保険施設とは何かといえば、介護保険が適用になる施設のことだ。介護度によって入れる施設は変わるが、月額費用は収入による減額制度もあり、平均10万円前後と、いずれも大変に安い。

その上側、グループホームとケアハウス(一部)は地域密着型の施設だ。要介護度によって入れる施設が変わるのは介護保険施設と同じだが、地域密着型だけに施設入居者は近隣の人に限られる。

表の1番上が、いわゆる有料老人ホームである。このグループも要介護度によって入れる施設が変わるが、全般的に月額費用が高い。しかも費用はピンキリで、高い施設だと月額100万~200万円、安い施設には20万円程度のところもある。当然、提供される介護サービスには大きな開きがある。

訪問介護サービスの専門業者、ケアリッツ・アンド・パートナーズの宮本剛宏社長に、介護費用と施設の関係についてお話を伺った。