ブランドは企業ではなく消費者のもの――。消費者の声に愚直に耳を傾けることの重要性が、豊富な事例で例証されています。

現代の消費者は企業よりも、同じ嗜好を持つほかの消費者を強く信用する傾向があります。私たちの健康・美容製品も、医師や美容コンサルタント、家族や友人、といった消費者の身近な人たちから自然と支持されて、市場に認知されました。

消費者は日々、彼ら同士で多くの対話をしています。その声を拾うことができるかどうかが勝負の分かれ目。今、世界中の企業が、従来のマーケティング手法が通用しない、という共通の問題を抱えています。そんな現状を打破するヒントが詰まった一冊です。