『ゴルフで老いる人、若返る人』 齋藤真嗣著 サンマーク出版
写真を拡大
『ゴルフで老いる人、若返る人』 齋藤真嗣著 サンマーク出版

これはゴルフの打ち方の指南書ではない。健康と若さを保つうえで、ゴルフをする前に読むべき本だ。

著者は、米ゴルフ財団でゴルフを学んだシングルプレーヤー。アンチエイジングの若手専門医で、「日本のゴルフは老いるためのもの」と危険視する。例えば、体が冷える冬場のゴルフは、打つ瞬間に緊張し、狭心症で倒れるリスクがある。だから体温を上げるため、ゴルフ場ではカートに乗らずに歩くべきという。

プレー前は、豆類、梅干し、たらこのおにぎりを食べるのがベストで、前日は飲むなとも説く。

若さの保持には、体温を1度上げること、成長ホルモンの分泌を促すことが重要だ。経営もゴルフもやる以上は明るく、元気に楽しく行いたいものだ。