2015年11月13日(金)

たまごかけごはん、卵とご飯をどこで合わせる? といてかけるvsとかずに落とす

dancyu 2014年4月号

文・松浦達也 撮影・岡山寛司

Q:卵はといてかけるか、とかずに落とすか

卵とご飯の出会いをどう演出するか。調査でも9割は全卵を使うという結果だったが、実はその合わせ方は千差万別。まず王道の「前どき式」。

「やっぱり旨いねえ。先にといてからかけると、だいたいどんな卵でも、安心、安定したおいしさになる」(マッキー牧元)

では、とかずにご飯の上に卵を落とす「丸がけ式」はどうか。

「これも楽しいよねえ。黄身と白身、それぞれの役割の違いが明確に前に出る。黄身の濃厚なコクと白身のぷるんとした食感が別々にご飯にからんで、段階的に卵の味、香り、食感が飛び込んでくる。茶碗の中で自分好みにブレンドするのも楽しい。いい卵が手に入ったら、ぜひやってみてほしい」(牧元)

卵の白身がもつぷるんとした食感などは好みが分かれるところではある。しかし試してダメなら混ぜればいいのも、たまごかけごはんの懐の深さ。

挑戦なくして、成功なし、である。

【といてかける】
▼混ぜやすく安定した味に
卵液は調味料。最後は醤油と、あったかご飯に任せれば間違いなし!

【とかずに落とす】
▼黄身と白身の風味が前面に!
濃厚な黄身のコクと白身の弾力が体感できる。いい卵が手に入ったらぜひ試したい!

A:「とかずに落とす」が上級者っぽい!?

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

松浦 達也