2015年11月6日(金)

たまごかけごはんになにをかける? 普通の醤油vsそれ以外

dancyu 2014年4月号

文・松浦達也 撮影・岡山寛司

Q:普通の醤油か、それ以外か

たまごかけごはんを調味する際、たいていは無条件で普段の醤油を使うことが多いだろう。今回は読者から寄せられた数々の調味料を試してみた。

まずは醤油。多数派の濃口醤油を軸に比較すると「淡口はやや塩味が強い」(宮崎千尋)、「値段が高い醤油は、醤油と卵、それぞれの味の良さが膨らむ」(小石原はるか)と、調味料の持ち味が明確になる傾向が。

ほかに支持が高かったのが「うま味調味料」と「蕎麦つゆ」。「うま味調味料はシンプルな旨味が加わっておいしい」(小石原)、「蕎麦つゆは旨味が鰹と昆布に絞られている。ソリッドで旨い」(マッキー牧元)。

では、7本を用意した、たまごかけごはん専用醤油は?

「表示された添加エキスが少ないものほどおいしくなる。旨味を足しすぎないほうがいい」(宮崎)

たまごかけごはんは調味料の味を浮き彫りにする。実は好みの調味料を選定する方法としても優れているのかも。

(1)淡口……塩味が立つ。色は薄くも塩味は強い。淡口の特徴が増幅される。
(2)濃口……少し香りが良くなる。複雑で豊かな味わいが、卵の香りを膨らませる。
(3)値段が高い醤油……卵まで旨くなる。醤油自体の味はもちろん、卵の旨さも向上させる。
(4)たまごかけごはん専用醤油×7種類……際立つ無化調の味わい。添加エキスが少ないほどすっきりとした旨さに。
(5)蕎麦つゆ……意外にもソリッド! 厳選された旨味成分で、締まりのある旨味に。
(6)うま味調味料……逆らえない旨さ。純粋な旨味が追加され、まとまりのある旨さに。
(7)牡蠣醤油……旨味と甘味が茶碗を覆う。米と卵を覆い尽くす、強力な旨味と甘味。
(8)塩……塩自体の味が重要。塩の味わいが増幅される。使う塩は要厳選。

A:「値段が高い醤油」ってスゴイ!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

松浦 達也