2015年9月8日(火)

訪日外国人はラブホやカプセルホテルがお好き!? 日本全国、ホテル業界大異変[1]

PRESIDENT 2015年8月31日号

著者
中村 正人 なかむら・まさと
ジャーナリスト

編集者。日中ビジネスと現地の動向、特に訪日旅行市場を継続的に取材。共著に『中国人から儲ける本』(宝島社)、『観光資源大国ニッポン』(洋泉社)など。

執筆記事一覧

中村正人=文 熊谷武二、加々美義人、南雲一男=撮影
1
nextpage
いまや国内の宿泊施設を利用する10人に1人は外国客という時代。そのボリュームゾーンは、ミドルクラスであり、シティホテルよりも、安価でサービスの充実した宿泊施設を自分で探す。そこで人気沸騰なのが……。

昼下がりの大阪・十三のラブホテル街――。大きなキャリーケースを引きながら、1人の若いブロンド女性が吸い込まれていく。一見、場違いにも思えそうだが、いまやこの界隈では見慣れた光景となっている。彼女が向かう先は、関西を中心に47店ものレジャーホテルをチェーン展開する「ホテルファイン」の十三店だ。

「2011年に自社のホームページを立ち上げて、ネット予約を始めました。当日受け付けのウオークインが基本のこの種のホテルで、予約を取ることは機会損失につながりかねず、大きな賭けだったのです」と語る運営会社・レジャー計画の関則之会長の決断は、予想外な展開を呼び込む。HPを見たエクスペディアなどの予約サイトから問い合わせがあり、登録を決めると海外からの予約が入り始めたのだ。

ホテルファインは歓楽街や郊外のロードサイドに立地し、風俗営業法が適用されるラブホテルと同等の機能やサービスを提供しているが、実はシティホテルと同じ旅館業法の管轄。カップルだけでなく、女子会やビジネスマンの出張にも利用される、豪華設備と至れり尽くせりのサービスが売りだ。

客室を見せてもらうと、シティホテルのスイートルーム並みの40平方メートルの室内には100インチのプロジェクタースクリーンと6台のスピーカーが装備され、映画が無料で楽しめてカラオケもできる。ジャグジー風呂にマッサージチェアも揃う。24時間対応のルームサービスは800円の朝食のトーストセットをはじめリーズナブルで、利用頻度が高い。

図を拡大
(右上)広々とした客室(左上)ジャグジー風呂。(右下)大阪・十三にあるホテルファインの外観はラブホテルそのもの。(左下)フロント前には外国客の寄せ書きボードも。(下グラフ)外国客の急増で急伸するホテルファインの経営指標

「外国客には日本人のようなラブホテルに対する固定観念はなく、価格とスペック、サービス内容で宿選びをします。特に客室が広くカップルやファミリー利用に適していることが喜ばれています。外資系ラグジュアリーホテルをも凌駕する客室なのに、宿泊料金はシーズンオフなら1泊1万円を切ることなどが優位に働いているようです」

そう語る関会長のもとには、他のホテルから外国客誘致の相談が多数寄せられている。それもそのはずで、実績が凄い。8割を外国客が占めるネット予約での平均単価は今年4月単月で過去最高の1万7485円に達し、同月のネット予約での売上高も1億781万円と大台を突破した。トップシーズンの桜の時季に京都の店では、1室当たり4万~5万円の宿泊料金でも満室になったそうだ。

PickUp