2015年8月18日(火)

ネットで手軽にがっちり買い物“節約ワザ”6

ビジネスパーソン的節約術 【第8回】

PRESIDENT Online スペシャル

著者
矢野 きくの やの・きくの
家事・節約アドバイザー

矢野 きくの明治大学経営学部卒。人材ビジネス業でのキャリアコンサルタント、家電PCメーカーでのテクニカルサポートを経て現職。女性専門のキャリアコンサルタント経験から、女性が働く為には家事からの改革が必要と考えてキャリアチェンジ。家事の効率化、家庭の省エネを中心にテレビ、雑誌、講演ほか企業サイトや新聞にて連載。TVクイズ問題の作成や便利グッズの開発にも携わる。著書に『幸せな時間とお金を生み出す! シンプルライフの節約リスト』(講談社)、『47テーマで学ぶ家計の教科書』(TAC出版)など。
・ブログ「暮らしのクリップ」 http://blog.olsyuhu.net/ ・Facebookページ https://www.facebook.com/kikuno11

執筆記事一覧

矢野きくの=文
1
nextpage

写メだけで金券がもらえる!?

スマホのアプリやネットを使って買い物をするからこそ可能な節約というものがあります。これらの情報は当たり前のことですが「知っている人だけが得をして、知らない人は損をする」となり、できることならその損をしている人にはなりたくないと思ってしまいます。

今回は、上手に使うとかなりのおトクになるスマホアプリやネットショッピングをご紹介します。

▼レシート登録型ポイントサイト「レシポ」

レシポ

こちらは株式会社リクルートのR&D機関的子会社である株式会社ニジボックスが運営するポイントサイト。会員登録をして、サイト(スマホアプリ)内に掲載されている商品を購入して、そのレシートを写真に撮って送付するだけでポイントが貯まるサービスです。貯まったポイントはAmazonギフト券かクオカードに交換できます。

レシポの特徴は店舗が限定されていないこと、メーカーや商品が限定されていないものが多くあることです。一部商品は店舗やメーカーが限定されていますが、多くの商品が「トマト」や「豚肉」といったように掲載されていて、それぞれの商品に20ポイントや300ポイントなどと明記されています。

対象の商品を購入して、レシート発行日から3日以内にレシポに送信。承認されるとポイントが貯まり、1ポイント1円計算でAmazonギフト券やQUOカードに交換することができる仕組みです。対象は日常的に買う商品がほとんどなので、日々の習慣にしていればポイントをかなり貯めやすいサービスです。

しかし、何故このようなサービスが実現するのでしょうか。

店舗やメーカーが限定されているものはPRの意味をもち、その他の商品は消費者の買い物動向のマーケティングとなっているから実現しているそうです。

個人情報に関してはレシポの中の人でも閲覧不能で、ギフトカードを発送するときにだけ機械的に送られているとのことでした。

*レシポ https://recipo.jp/(iOSやAndroidのアプリもあります)

PickUp