「ほんの少し我慢」で、正の欲求に大逆転する!

コツ3▼欲求が暴走しても少しだけ制御する

挫折で一番怖いのは、投げやりになること。自己嫌悪感が強烈に表出すると人は嫌な自分と向き合いたくないので、その行動そのものをやめたくなるものです。だからこそ、ぜひ最後の一握りの自己制御を発揮することで自分を許せると継続しやすくなります。

食べ過ぎた! スマホにハマった! となっても欲求のなすがままに終わるのと、せめて「最後のデザートだけは我慢した」「YouTubeまでは見ず、昨日よりは20分短く終えられた」と最後の意地を発揮するのとでは、感情面で異なります。自己嫌悪感は和らぎ、自己制御を少し発揮することができます。

習慣化の道のりは一進一退しながら成功していくものです。

5. 負の欲求が正の欲求に逆転する

欲求の暴走を3週間手なずけることができたら、正の欲求が芽生えはじめます。

飲み・食べ放題に目がないですけど、何か

正の欲求とは、毎日コントロールできている「自己肯定感」や「達成感」、「充実感」、「期待感」、「成長感」です。これらの欲求が芽生えはじめると、「ついやってしまう」の裏に潜む負の欲求を正の欲求が押さえてくれるようになります。

こうなれば、悪い習慣をやめるフェーズは第2段階に入ったと言えます。この状態を加速するためにも、引き続き欲求の手綱を握り続けるようにしてみてください。

6. 良い連鎖反応がうまれる

最後に、悪い習慣から抜け出せたとき、自分に強い自信ができ、自己制御感が湧いてきます。そして、他の全ての習慣を制御できるようになります。

1つの悪い習慣からの脱出が生活習慣全体を変える起爆剤になりますので、ぜひ1つずつ悪い習慣からの脱出に取り組んでみてください。