神戸には新しい味を提供する文化があり、美味しいパン屋が次々と開店します。有名レストラン出身のシェフが独立して始めたパン屋、「サ・マーシュ」の「パン」と、神戸・元町の老舗果物屋「紅萬(ベニマン)」の、厳選した旬の美味しい果物だけで作った「ジャム」。これをセットでお渡しし、パンにジャムをつけて食べていただくのが、私の手土産の定番です。手土産にパンは従来あまり主流ではありませんが、女性の大人気を勝ちえます。

淡路島にある創業85年の菓子店「長手長栄堂(ながてちょうえいどう)」の「あわじオレンジスティック」は、私も妻もファン。淡路島在住の秘書嬢が買ってきてくれることもあり、自宅でウイスキーときりっと冷やした水を飲みながらいただくこともよくあります。

美味しい奈良漬を大阪市内で食べられる「味醂奈良漬 飛鳥漬本舗」の「飛鳥漬」は熱々のご飯、お茶漬け、お茶うけ、肴のいずれにも合う名品です。香りと上品な甘みを持った味に魅せられて常連になっています。

土産は相手に対する敬意、愛情、信愛ですから、当然のことながら相手の喜びそうなものを選びますが、次いで自らが美味しいと思った品で、できるだけ地元のものを選ぶようにしています。

写真を拡大
サ・マーシュ 各種パン/紅萬 各種ジャム

サ・マーシュ 各種パン

フランス料理店「ブランジェリー コム シノワ」の西川功晃シェフが独立し、2010年に神戸・北野にオープンしたパン屋。しっとりした生地のパンドミー(324円)のほか、クルミとレーズンのパン、セーグル ノア レザン(237円)には粒胡椒、ニンジンブレッド(1/2サイズ 345円)にはオレンジも入っていたりと、独創的なパンが常時100種類程度並ぶ(すべて税込)。

紅萬 各種ジャム

ママレード、あまおう苺、りんご各1080円(税込)/大正元年に創業し、神戸で果物屋とフルーツパーラーを営む紅萬が、厳選された旬の果物を使用して作るジャム。果肉がごろっと入っており、甘さを抑えているので、果実本来の味を感じられる。防腐剤や添加物は不使用。佐藤会長の一押しは写真の苺のほか、夏に作られるイチジクと桃。

写真を拡大
長手長栄堂 あわじオレンジスティック

長手長栄堂 あわじオレンジスティック

木箱入り3240円(税込)/吟味した地元の特産品を素材として菓子作りを行う、淡路島の菓子店の人気商品。4月中旬から初夏にかけて洲本市周辺と淡路市の一部にだけ育つ「鳴門オレンジ」の皮を砂糖漬けし、手作業でベルギーチョコレートでくるんでいる。鳴門オレンジのほのかな苦味とチョコレートが好相性。

写真を拡大
味醂奈良漬 飛鳥漬本舗 あすかづけ匠な味わい杉箱ギフト!

味醂奈良漬 飛鳥漬本舗 あすかづけ匠な味わい杉箱ギフト!

飛鳥漬 白瓜(半割り)×2・胡瓜1本入り:西瓜1個入り3034円(税込)/1894年創業の老舗奈良漬店の、香り高く上品な甘みのある飛鳥漬(奈良漬)。自社農園や契約農家で作られた白瓜、胡瓜、西瓜を、独自製法で調味した伏見・灘等の酒粕に何度も漬け込み、2年の歳月をかけて作っている。

神戸製鋼所 佐藤廣士会長(さとう・ひろし)
1945年、大分県生まれ。70年九州大学大学院工学研究科修士課程修了後、同年神戸製鋼所入社。技術開発本部勤務、取締役、常務執行役員などを経て、2004年4月に代表取締役副社長、09年4月に代表取締役社長、13年4月より代表取締役会長。