2015年6月21日(日)

1
nextpage

「ケータイ三分の計」を進言!

『孫正義の参謀』嶋聡著 東洋経済新報社

やはり、著者の経歴は“華麗”と書くしかないだろう。名古屋大学卒。松下政経塾を経て、1996年に衆議院議員に初当選。以来、3期9年にわたって議席を維持し、この間、民主党では菅直人、鳩山由紀夫、岡田克也の代表補佐を務めた。しかし、あの05年の小泉郵政選挙で落選。当然、捲土重来を期すという選択肢もあっただろうが、ビジネスの世界へと転身する。

みずから選んだのが、ソフトバンクである。当時、グループ全体の売上高は約1兆円。民主党のシャドウキャビネット(次の内閣)では総務大臣に擬され、政界ではIT通として知られていた嶋氏は、国政での経験を、この世界で活かしてみようと考えたという。彼を迎えた孫正義社長が「一緒にやりましょう。嶋さんが来てくれたら万人力だ」と手を差し出したところから、社長室長3000日の物語がはじまった。

孫社長が総大将だとすれば、嶋氏に求められたのは軍師としての役割といっていい。その最初の場面が06年3月、嶋氏の入社直後に持ち上がったボーダフォン買収劇である。業界3位の携帯電話会社を買うには約2兆円が必要だった。そこで、嶋氏が提案したのが“ケータイ三分の計”である。その頃、6つのキャリアがあったのだが、嶋氏は最終的に生き残れるのは3社と判断。NTTドコモとKDDI、そしてソフトバンクのボーダフォンで市場をシェアするという戦略だ。

それはまさしく『三国志』のなかで主君の劉備に天下三分の計を進言した諸葛孔明に通じる。嶋氏は「魏は歴史があり強大なNTT。呉は新しい強みを持つKDDI、そこに玄徳率いる蜀が入っていく(笑)。豊富な人材と活力、ソフトバンクはまさに蜀の国のようです」と書いている。この狙いは、時間を買うということでもあった。ゼロからビジネスを構築するのではなく、1520万人のユーザーと人口カバー率99.93%のネットワークを一気に手に入れたのである。

PickUp