──公募区長、公募校長による不祥事が続く大阪市だが、「橋下市長唯一の成功事例」と呼ばれているのが水谷翔太天王寺区長だ。

2014年の大阪市長出直し選挙で橋下徹さんが一度辞職したとき、仮に落選することがあったらどうするのかと問われたことがあったが、「自分は現在の(区長の)任を退きます」と回答した。「忠臣は二君に仕えず」という言葉もあるが、自分が区長でいられるなら、市長が誰でもいいと考えることはできなかった。橋下市長による「市の権限を区に下ろす」という市政改革方針に共鳴したからこそ、私は公募区長となった。方針が変わってなおも職位にしがみつくことは住民に対しても不誠実だと思っていた。

天王寺区長 
水谷翔太
(みずたに・しょうた)
1984年生まれ。NHK記者を経て、2012年区長公募に応募し合格、現職。

首長は細かいことは優秀な事務方に任せて、決裁印を押すだけで仕事は完結できる。しかし、橋下市長は様々な問題意識を持っており、教育、福祉、地域活動の支援をどうするべきか、考えている。常に10個も20個も案件を抱えることになり、1案件当たりの判断をスピーディに時間をかけずにやる必要が出てくる。つまずくときもあるだろうが、その際にやり方を変えることを朝令暮改とみなすか、臨機応変に修正したとみなすかは、受け手の価値観によるところが大きい。普段は橋下市長の方針に従って仕事しているものの、各論のところで自分に任してもらえないかと意見を具申することもある。意見具申が認められることもあるし認められないこともある。区政改革を推進するうえで、私と市長の間には十分なコミュニケーションが担保されていると思う。こんな上司に巡り合えて幸運だった。

現在、大阪市には24区長いるが、橋下市長がこれまでの大阪市の既存の事業や制度を見直す中で、公募区長も市長の補完的な役割を果たしつつ、市長が気づかない市政の課題を発見し、改善していくことが求められている。