よりよく働く、生きる、輝く! 女性の応援サイト

女性役員の「上を目指して歩こう」

燃え尽きても燃え尽きても、私が懲りない理由 -ライフネット生命 常務取締役 中田華寿子さん【1】

PRESIDENT WOMAN Online Top communication=構成 永井 浩=撮影 この連載の一覧

入社翌日から外国人局長の通訳に

大学を卒業したのはバブルの時代です。87年に電通ヤング・アンド・ルビカムという広告代理店に入社しました。電通と米国のヤング・アンド・ルビカムが出資した会社です。広告代理店の業務内容をきちんと理解して入ったわけではありません。大学の進路相談室に置いてあった新卒募集用のパンフレットがとても素敵だったのです。営業やクリエイターなどさまざまなセクションの若手が登場し1日のワークスタイルがイメージしやすく、またレイアウトデザインのセンスも抜群で、こんな人たちと働いてみたいと思いました。

ライフネット生命 常務取締役 中田華寿子さん

最初の配属は外国人局長の秘書。私が中学・高校時代にアメリカに住んでいて英語が使えたという理由からかもしれません。今考えるとビジネスの知識はゼロでしたので恥ずかしい技量だったと思いますが、入社翌日から役員会で通訳を任せてくれた会社の度量の広さを感じます。最初がニュージーランド人、続いてフランス人、アメリカ人の3人の局長の秘書を経験しました。

その後、やはり広告代理店に就職したのだから営業も経験したいと申し出て、昼間は営業、夜は秘書を掛け持つことになりました。

仕事内容は男女に関係のない会社でした。女性でも入社すぐに営業に出る人もいれば、マーケティング部や媒体セクションに行く人も。女性が働くうえでは恵まれた環境だったと思います。すでに当時、女性の部長もいました。私は、というと、5年弱で退職します。寿退社ですね。

同じ会社の別のセクションの人と縁があって結婚することになったのです。彼は広告代理店の営業業務を本当に愛していて、天職のように思えました。彼の働く様子を見て、仕事に対して私以上の情熱を感じ、ならば、私は別の業界で彼のような情熱を持って働いていきたいと思い、退職を決めたのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PRESIDENT WOMAN VOL.16
最新号 PRESIDENT WOMAN VOL.16 2016年8月号 うまい!書き方 ときにはわかりやすくシンプルに、ときには感情をのせて、相手に伝わる心を揺さぶるような文章が書けたら、毎日の仕事は大きく変わるはず。お礼状、挨拶状、依頼状、おわび状などの手紙から日々のメールやツイッター、フェイスブックまで、文章を書く機会がますます増えています。もっと、うまく書きたい。そう願うすべての方にこの特集をお届けします。
星座×タロットカードで占う 今月の仕事運
監修/Rieko★