2008年11月25日(火)

父に会社の継承プランがないのが心配です

回答者ジャック&スージー・ウェルチ

PRESIDENT 2006年5月29日号

著者
ジャック・ウェルチ 

1935年、米国マサチューセッツ州生まれ。マサチューセッツ大学卒業後、イリノイ大学で博士号を取得、ゼネラル・エレクトリック社入社。副社長、上席副社長を経て、副会長に就任後、最年少の会長兼最高経営責任者となる。「フォーチュン」誌の「20世紀最高の経営者」に選ばれた。

執筆記事一覧

回答者ジャック&スージー・ウェルチ 翻訳=ディプロマット (c)2006. Jack and Suzy Welch. Distributed by New York Times Syndicate.

私の父はすばらしい経営陣を持つきわめて好調な同族会社の創業者で、私はその父の会社で働いています。でもここにきて問題があります。父は優れたリーダーではありますが、継承プランを用意していません。会社のために、また私の子どもたちの将来のために、私たちには継承プランが必要です。私が自分の個人的利益のために会社を継ぎたいと思っているという印象を与えずに、この問題について父と話し合うにはどうすればいいのでしょうか。匿名希望(イリノイ州、シカゴ)


 

あなたは必ずしも継承プランを必要としているのではありませんね。それを欲しがっているのです。

父上は優れたリーダーなのですから、おそらく継承プランを持っておられるでしょう。それをあなたに教えるつもりがないだけだと思いますよ。

いずれにしてもあなたは、一般的な上場企業で働くのと同じような体験をしておられるわけです。そうした企業では、継承プランはたいてい間際になるまで内密にされています。

それでも、それらの企業はこれまでのCEOから次のCEOへとなんとか前進していますし、幹部たちは自分の子どもの将来計画をなんとか立てています。あなたより情報量が少ないのですから、彼らは最終的には自分の判断力に頼らざるをえないわけですが。

たしかに、会社の計画についてもっと早く、もっと多くの情報が得られれば、あなたにとって、またすべてのCEO候補者にとって、人生はもっと気楽なものになるでしょう。しかし、そのような展開はめったにありません。

その理由は少なくとも3つ考えられます。第1に、人はそれぞれ異なるペースで成長します。栄光に包まれてスタートした後継者候補が時間とともに消え去ることもあれば、スロースターターが大きく羽ばたくこともあります。CEOは最終決定を下す前に、少なくとも数年かけて候補者を観察する必要があります。いろいろなポジションにつかせ、さまざまな経済環境のなかで観察するわけです。

第2に、後継者を早く発表しすぎると会社は混乱します。新しいCEOが決まったら間違いなく会社をやめるであろう人たちの交代要員をそろえるバックアップ・プランがないかぎり、必ずそうなります。そのようなプランは作成に時間がかかります。

最後に、CEOがすばらしい仕事をしていて、しかもそれを楽しんでいるという場合にはあなたの父上のように彼は早々とレームダックになりたいとは思わないでしょう。

ですから、父上を信頼してお待ちになってはいかがでしょう。あなたの手紙の詳しい記述を読むと、彼はなかなかの人物のようです。あなたがたの会社はきわめて競争の激しい業界にいますが、彼は知恵と手腕で何十年も会社を指揮してきましたし、その会社は高い業績をあげています。彼は力のあるマネジメント・チームを築いており、従業員からも尊敬されています。

彼は後継者について何も考えていないのではありません。理由があってあなたを待たせているのであり、彼が私たちの思っているような立派なリーダーなら、やがてはあなたにもその理由が理解できるはずです。

PickUp