カップルは、男女の年齢を足して80歳になるのがベストである――。これは、以前から私が唱えている説です。男女の形は「夫婦」でも、「恋人関係」でもいい。

50歳の男性に「どれくらいの年齢の女性が自分に合うと思うか?」と尋ねると、たいていの人は「45歳くらい」と答えます。確かにほぼ同世代ですから、モノの価値観も似ていて話も通じやすいでしょう。しかし私に言わせれば、その選択は老化の始まり。危険信号です。

男性が50歳で女性が45歳のカップルの場合、どうしても「健康」「病気」「老後」といった“守り”の話題が中心となりやすい。2人でショッピングへ出かけるとしても、向かう先は老舗百貨店。割高でも安心できる、というのがお店選びの基準になるからです。

50歳の男性にとって、最も相性がいいのは30歳の女性です。30歳の女性が相手なら、ユニクロやH&Mといったカジュアルブランドのショップへ出かける機会も増えるでしょう。普段は無頓着な男性でも、ファッションやヘアスタイルに気を使うようになる。若い女性には甘えられないという緊張感が、男性を若々しくさせてくれるんです。

30歳の女性は名実ともに「旬」な存在です。人生と仕事の経験を積み、酸いも甘いもほどよく噛みわけている。活力あふれる若い女性と交際すれば、最新の知識や流行を吸収することもできるはずです。

「若い女性が50代以上のオジサンなんかと、そう簡単につき合ってくれるだろうか」。こう疑問を抱く読者も多いでしょう。しかし、私の周囲には既婚、未婚を問わず、年の差カップルがたくさんいます。驚くなかれ、賢い女性ほど中高年男性を愛する傾向があるのです。

女性の知能は通常、28歳頃までは男性より速いスピードで発達します。男性の発達速度が女性に追いつくのは、30歳手前になってから。30歳前後で結婚する男性が多いのはこのためです。

しかし最近は、30代になっても実家にパラサイトする独身男性が多いと聞きます。大人になりたがらないモラトリアム世代が増えている。だからこそ、知能水準の高い女性は未熟な男性に飽き足りず、たとえ既婚者であっても中高年男性を選択するのです。

彼女たちにとって、中高年男性の「余裕」は大変魅力的です。収入はもちろん、社会的地位、人生経験、ものごとの考え方……。女性が悩みをぶつけても、それにきちんと答えを返してくれる大人な存在なのです。

次に出てくる疑問は、「若い女性とどこで出会えばいいか」ということでしょう。私の友人は、得意の語学であるロシア語をボランティアで教えています。彼の生徒のほとんどは女性といいます。

私自身は、占いのサークルや編集者仲間が集う勉強会などを通じて、若い女性と触れ合っています。出会いの機会をつくるには、若くて賢い女性が好みそうな習い事を始めるのも一つの手です。

男性であれば、50歳ぐらいから「合計80歳カップル」を目指し、若い女性との交際を始めるべきでしょう。そうすれば、流行を吸収する力もアップし、60歳になっても20歳の女性と交際できる魅力を身につけることができるはず。もちろん、相手が18歳未満の場合、条例違反の可能性があるのでご法度ですが。

「さすがに60歳になって、20代を相手にするのは無理」と弱音を吐く人もいるでしょう。でも、78歳の私の経験からいって、そんなことはありません。今は80代でも可能なのです。しかも、近頃はバイアグラのような薬だってある。怖じ気づくことはありません。

人生の前半で大切にするものと、後半で大切にするものとは変わる――。心理学者のユングは、「人生の正午」という論文の中でこう論じています。つまり、人生の折り返し地点に新しいことを始めれば、残りの人生は豊かになる、と。

定年を迎え、「自分の人生は終わりだ」なんて思い始めると、肉体も頭脳も顕著に衰えます。心身を若々しく保つためにも、新しいことを始める。そして、新しい恋愛に挑戦すべきです。