2014年12月16日(火)

超高給で食事は無料、シリコンバレーの働き心地

PRESIDENT 2014年9月29日号

著者
渡辺 千賀 わたなべ・ちか
Blueshift Global Partners社長

1964年、東京都生まれ。東京大学工学部卒業。スタンフォード大学MBA。三菱商事、マッキンゼーなどを経て2000年にシリコンバレーへ。現在、コンサルティング会社Blueshift Global Partners 社長。

Blueshift Global Partners社長 渡辺千賀 構成=衣谷 康
1
nextpage

初任給1000万円はザラという世界

私は2000年からシリコンバレーに在住しているのですが、最近の状況を一言でいうと“バブル”です。

ソフトウェアエンジニアの給料がうなぎ上りで、特に若くて優秀な人材の獲得競争が激しくなっているんです。たとえば一流大学の情報科学・情報工学を卒業した学生なら、初任給が800万~1000万円というのはザラ。修士・博士までいった人なら、さらに数百万円ずつが上乗せされます。

最近では青田買いが進み、インターンシップ生に60万円以上の月給を支払い、住宅と通勤の足まで会社が提供するのがインターンの“当たり前の条件”になってきました。グラスドアという情報サイトによると、全米のインターン月給トップ10のうち、IT関係でないのはエクソンモービル1社だけ。ほかはすべてシリコンバレーの企業でした。インターンでこれですから、正社員なら2000万~3000万円プレーヤーはそこら中にいます。

オンライン決済サービス「ペイパル」を創業したピーター・シールというベンチャーキャピタリストは、20歳以下の起業家の卵20人に10万ドルを出す「シール奨学金」を11年に始めたのですが、その条件は「大学を中退すること」。高校生や中学生をインターンとして採用する企業も出てきていて、エンジニアの獲得競争はどんどん低年齢化しています。

背景には、エンジニアは年齢に関係なく、ソフトウェアのコードが書ければそれでいいという職種であることが影響していると思います。このままいくと、ベンチャーキャピタルが幼稚園の前でビラを配る日がくるんじゃないか、なんて冗談も飛び交うほどです。

給料だけでなく、待遇も破格です。食事はすべて無料、自宅から会社までのWi-Fi付き高級送迎バスあり、というのはもはやスタンダード。「オフィス内ヨガ」「ジム併設」「健康保険100%負担」などもなんら珍しくありません。冷蔵庫には無料のドリンクがあふれ、キッチンには無料のおやつが山積み。エンジニアは、なぜか食べ物に弱いんです。

グーグルは毎週40~50人も社員を採用していて、入社オリエンテーションは毎週行われています。これはグーグルだけでなく、シリコンバレーの企業ではもう慣習になっていて、中国系米国人の私の夫も最近転職したのですが、入社オリエンを受けた翌週のオリエンで、新入社員向けのスピーカーをやったと言っていました。

エンジニアはリクルーターから連絡が殺到するのが面倒なので、会社を辞めてもあまり大っぴらにはしません。

私は日本のバブル時代も新入社員時代に少しだけ経験していますが、雰囲気としてはそれ以上です。

PickUp