2014年10月28日(火)

なぜ、ネガティブ思考の人ほど金をむしり取られるのか

ワルの経済教室【12】

PRESIDENT Online スペシャル

著者
多田 文明 ただ・ふみあき
ルポライター

キャッチセールスや悪質商法の実態に詳しいルポライター。『キャッチセールスルポ―ついていったらこうなった(文庫本)』(彩図社)『クリックしたら、こうなった』(メディアファクトリー)など、騙され体験の実況中継記事に定評がある。最新著に『あなたはこうしてだまされる 詐欺・悪徳商法100の手口』(産経新聞出版)。

執筆記事一覧

ルポライター 多田文明=文
1
nextpage

「あなたの人生は100点満点で何点?」

「人生に満足している」人は少数派に違いない。

容姿、収入……人は心のどこかに「こうだったらいいのに」という思いを少なからず持っている。普段は、こうした不満を意識していなくても(もしくは封印していても)、第三者から指摘されると、自分のなかの不満が一気に顕在化することがある。

高額な商品を売りつけようとする、街頭のキャッチセールスが行うアンケートには、次のような項目がある。

「あなたの生活の満足度は何点ですか?」

そう聞かれて、「100点満点です」と答える人はまずいない。たいがいは、60点とか、70点とか、無難な答えをするに違いない。

仮に70点と答えると、「足りない30点は何ですか?」と勧誘員は尋ねてくる。

「仕事をやめてから、次の就職先が決まらない」
「恋愛がうまくいかず、結婚ができない」

現状への不満や悩みを話すと、それを聞いた勧誘員らは、その足りない点数分を解消するための方法を指南してくる。

たとえば、高額な自己セミナーへ勧誘する業者は、有料の講座を受ければ、ものの見方が変わり、思い通りの不満のない人生を送ることができる、などと言ってくる。不平や不満といったネガティブな感情を聞き出し、それを埋め合わせてあげます、と言わんばかりに「商品」や「サービス」を売りつけてくるのだ。

PickUp