手術費用50万円は高いか、安いか

ICLの欠点は、近視・乱視は病気ではないため保険が効かず、オーダーメイドのレンズを使うので費用が高いこと。比較的安価な北里大学病院でも両眼50万円(税込み)、100万円近くかかるところもある。レーシックは施術する医療機関が増えたこともあって価格が下落気味で、7~8万円で実施している医療機関があるのを知ると考えてしまうが、大事な眼のことであり費用面だけで判断するのは避けたいところだ。

また、ICLについては8年間以上の長期成績が出ていない。レーシックも最初のうちは利点ばかりが強調された点を考えると、ICLを受けるかどうかも、眼科医の説明をよく聞き納得したうえで選んでいただきたい。

ICLが実施できるのは、日本眼科学会が認定する眼科専門医で、なおかつ所定の研修を受けた医師がいる「ICL認定クリニック」のみ。認定クリニックはICL情報サイト http://www.icl-info.com/clinic/)で調べられる。