2011年鬼籍に入ったアップル創業者の伝記。弊社は「屋上つき戸建て住宅」を販売し、毎月過去最高の売り上げを更新するが、それを可能にしたのが「製品こそすべて」「絞り込み」の発想だ。本書を読み、あのジョブズも同じ考えを持っていたと知り、意を強くした。お客様に喜んでいただくには、力と情熱のすべてを製品に注ぎ込むべきだ。そして商品を2つに絞り込んだが、今や商品数2000超の親会社の規模に近づいた。新しい事業をつくりだすには、イノベーションが重要で、そのためには挑戦し続ける必要がある。

ジョブズの人生は、その点でも共感する。自分で自分の枠をはめてしまいがちな20代、30代の若手社員に勧めたい。