<strong>樋口裕一</strong>●多摩大学教授。1951年、大分県生まれ。早稲田大学第一文学部卒、立教大学大学院博士課程修了。社会人までを対象とした小論文指導に携わり、専門塾「白藍塾」主宰。文章術に関する著書多数。小学生の頃からクラシックに親しみ、ここ数年は音楽関係の著作や企画も手掛ける。
樋口裕一●多摩大学教授。1951年、大分県生まれ。早稲田大学第一文学部卒、立教大学大学院博士課程修了。社会人までを対象とした小論文指導に携わり、専門塾「白藍塾」主宰。文章術に関する著書多数。小学生の頃からクラシックに親しみ、ここ数年は音楽関係の著作や企画も手掛ける。

クラシック音楽の二大巨頭といえば、モーツァルトとベートーヴェンだ。18世紀後半に生まれ、オーストリアを舞台に活躍したことは共通している。だが、作品の性格は正反対といっていいほど異なっている。感覚的、快楽的で軽やかなモーツァルトに対し、ベートーヴェンは哲学的、宗教的で重厚な作風を特徴とする。

 クラシック初心者の場合、モーツァルトも好きだがベートーヴェンも捨てがたいという人が大半だろう。ただ、どちらの音楽により親しみを感じるかとなると明確に2派に分かれるはずだ。それどころか、ある程度クラシックに詳しくなれば、モーツァルト・ファンが途中からベートーヴェンに熱中し始めるということはありえない。

モーツァルトの音楽は、誰でも親しめる流麗なメロディを持つことが特徴だ。作曲するときも頭の中を完成されたメロディが流れ、極端にいえばモーツァルトはそれを五線譜に書きとめるだけだったろう。これに対し、刻苦勉励型のベートーヴェンは思いついたメロディを1小節か2小節ずつスケッチ帳に書きとめていった。それを変形したり、組み立てて、一つの曲を構築するのである。

両者のキャラクターの違いをわかりやすくたとえれば、日本のプロ野球人気を盛り上げた2人の名選手、長嶋茂雄と王貞治の違いということができる。感覚的でチャンスに強い長嶋選手はモーツァルト、努力と鍛錬の人というイメージの王選手はベートーヴェンだ。

2人が活躍したのは、フランス革命の大波に洗われた時代でもある。自由・平等・博愛という革命の精神に、誰もが大なり小なり影響を受けた。モーツァルトとベートーヴェンも例外ではない。

だが、革命に対する姿勢には濃淡がある。代表的なオペラに、その違いが端的に表れている。

モーツァルトの「フィガロの結婚」は、貴族社会を風刺した喜劇として知られている。原案となったボーマルシェの戯曲には、かなり過激な貴族批判が含まれている。だが、モーツァルトの手にかかると、そうした世俗批判は背景に遠のいてしまう。登場する貴族はむしろ愛嬌のある存在となり、全体としては、あくまでも楽しい歌劇に仕上がっている。

一方、ベートーヴェンの「フィデリオ」は、フランス革命の精神を真正面から取り上げている。女主人公が男に変装し、政治犯として囚われている夫を救出するという筋書きだ。この違いは、それぞれの生き方を象徴しているようで興味深い。