和歌山県が県外から来る人に空き家移住を支援するというニュースがあった。居住が目的であれば、改修費用を最大40万円まで補助するというものだ。だが、大阪などからの移住を想定しているのであれば、居住を目的としないウィークエンドハウスでもOKとすべきだ。金曜の夕方から月曜の早朝まで使うとすると、大阪府内のGDPの7分の3が和歌山に移ることになる。和歌山県は「空き家率」が17.9%で全国3位だから、こうした政策をもっと刺激的なものにして地域経済を活性化すべきだと思う。