節電のほかに可及的速やかに実行すべきなのが、「東西グリッドの完全接続」である。ご存知の通り、西日本が60サイクル、東日本は50サイクルと周波数が異なるため、お互いが電気を融通し合うのに非常な困難が伴っている。この周波数を変換する施設の変換能力は三カ所合わせて125万キロワット。中部電力と東電が半々だから、今の中部の取り分を全部もらったとしても60万キロワットぐらいにしかならない。