リスクは経済発展が持続すればしだいに少なくなる。つまりヘッジファンドなどの短期志向のカネではなく、年金や信託などの長期投資が新興国に向かうのは、発展すればするほど政治や経済が安定するという「よい循環」をBRICsなどの先行事例が示しているからである。

年金のリターンを生み出すには(高齢化した)自国ではなく、自国の30~50年前と同じような経済発展段階を通過中の新興国において運用するしかない、という結論に急速に収斂してきているのだ。