かつては部族だけで500、島嶼が1万8000もあるインドネシアは統治不能といわれていた。しかし、2004年にインドネシア史上初の大統領直接選挙で、現職のメガワティを破り当選したユドヨノが大統領に就任してからの5年間で、この国は大きく変わった。覇権を求めないアジアの盟主になりつつある。

過去の脱税を不問に付し、税収を50パーセント増加させた強烈な実績をもつスリ・ムルヤニ前財務相(女性)とのコンビが成功し、コンシューマー(消費者)関係の会社の大半が、年率50パーセント(!)の倍々ゲームで伸びているのである。